ウルトラの父がウルトラ語で発表したM78星雲の都市提携声明文が解読される

写真拡大

ウルトラマンの故郷である「M78星雲 光の国」と、円谷プロダクション創設者・円谷英二の故郷である福島県須賀川市との姉妹都市提携が決定した。須賀川市および宇宙警備隊大隊長ウルトラの父が直々にプレスリリースを発行し、情報発信している。

上記のように今回ウルトラの父が発行したプレスリリースは、ウルトラ語、ウルトラサインとも言うべき特殊な言語で書かれているが、円谷プロダクションの公式Facebookページには、この解読に成功した猛者が登場。解読された全文が掲載されている。

今回の姉妹都市提携は、円谷プロダクションがウルトラマン基金などを通じて被災地支援活動を積極的に行い、2013年4月に円谷プロダクションが創立50周年、そして須賀川市が2014年3月に市制施行60周年を迎えるなど、双方にとって記念となる年が続くことなどが弾みとなり実現に至ったという。

それに伴い5月5日に、福島県須賀川市にある須賀川牡丹園では「姉妹都市提携式」も執り行われる。同式には須賀川市から橋本克也市長が、光の国からウルトラの父ほかウルトラヒーローが出席。姉妹都市提携に関連する須賀川市の平成25年度実施事業詳細の発表され、午後からはウルトラヒーローとの握手会などを行う「記念イベント」も開催されるという。

(C)円谷プロ