大阪府「ワールド牧場」で、色違いのヤギの赤ちゃんが誕生

写真拡大

大阪府にある、動物とのふれあいをコンセプトにしたテーマパーク「ワールド牧場」で4月8日、ヤギの赤ちゃんが2頭誕生した。

生まれた赤ちゃんは黒いヤギと白いヤギの赤ちゃん。母親の母乳もしっかりと飲んでおり、親子ともに元気にしているとのこと。2頭は、小動物ふれあい広場にて近日一般公開予定となっている。ヤギの赤ちゃんの詳細は、同デーマパークのブログを参照のこと。

なお、同テーマパーク内にある小動物ふれあい広場では、ウサギ・ヤギ・ヒツジ・アヒルとふれあえるほか、タヌキや、サル科のタラポアン、ダチョウなどを見ることができる。

平日の10時〜12時、13時〜15時30分、土・日・祝の10時〜12時、13時〜16時30分には「ウサギのふれあい」(時間内無制限・500円)を実施。また、平日の10時〜16時、土・日・祝の10時〜16時30分には「ヤギのおさんぽ」(500円)、平日10時〜16時、土・日・祝の10時〜16時30分には、「タマゴ拾い」(6個1パック お持ち帰り付・300円)を実施。なお、「ヤギのおさんぽ」は、ヤギかヒツジを選ぶことができる。