ブーツも水で丸洗い! その後は秋まで保管する「靴リネット保管」開始

写真拡大

靴クリーニング丸洗いサービスの「靴リネット」を運営するホワイトプラスは、1足あたり900円で来シーズンまで靴に最適な環境で保管するサービス「靴リネット保管」を開始した。

同サービスはブーツや靴を収納するスペースがない人や、季節物の靴は安心できる保管環境に置きたいと考える人向けのサービス。ブーツなどの靴をクリーニングしたあと、1足あたり+900円で最大9カ月、靴に最適な環境で保管する。

靴のクリーニングは革専用に開発された洗剤で行うため、今まで不可能とされていた革の水洗いが可能になった。水洗いすることでカビや泥汚れが落ち、靴独特の臭いも取り除く。また、ムートンブーツもきれいになるブラッシング加工や、水をはじくはっ水加工などのオプションサービスもある。

クリーニング料金は、1足5,490円、2足なら1足あたり3,995円、3足なら1足あたり3,144円。往復とも送料無料。なお、合皮の靴は時間経過とともに劣化が進み、表面がはがれてしまう恐れがあるため、保管の対象外となる。

申し込みは「靴リネット」から受け付ける。靴は同社が宅配便にて自宅まで引き取りを行うため、店舗まで持ち込む必要はない。クリーニングと保管をする「靴リネット保管」の注文期間は7月31日まで。靴はクリーニング後保管し、9月1日〜11月30日の希望する日に自宅へ返送する。