伊藤園「お〜いお茶」から、九州産茶葉100%使用の新茶シリーズ数量限定販売

写真拡大

伊藤園は「お〜いお茶」の新茶シリーズ(リーフ製品、ドリンク製品)を、それぞれ数量限定で全国販売する。「新茶」は、その年の最初に芽吹いた新芽を摘(つ)み採ってつくったお茶で、一年で最初に摘まれる”初物(はつもの)”として昔から親しまれている。

リーフ製品「お〜いお茶初摘み新茶」「同深蒸し新茶」は、葉肉の厚さと濃厚な味わいが特徴の「ゆたかみどり」品種を主体に、鹿児島県産茶葉を100%使用。新芽の収穫前に茶園に覆(おお)いをし、渋み成分であるカテキンの生成を抑えて、お茶のうまみを高めている。

「お〜いお茶初摘み新茶」は、新芽を製茶工程で中蒸しから深蒸しで仕上げており、鮮やかな緑色の水色(すいしょく)のお茶が楽しめる。100g入りで希望小売価格(税別)1,000円。4月22日より発売する。

「お〜いお茶深蒸し新茶」は、新芽をじっくり深蒸しで仕上げた。新茶の深い味わいと、濃い緑の色のお茶が特長。80g入りで希望小売価格(税別)700円。4月29日より発売する。

ドリンク製品「お〜いお茶新茶」は、九州産の新茶を100%使用。鮮度感のある香りと、新茶特有のうまみを引き出した。今回、500mlに加え、様々な飲用シーンで旬の味を楽しめるように、初めて1.5リットルペットボトル製品を発売する。希望小売価格(税別)は、500mlは140円、1.5リットルペットボトルは300円。発売日は4月29日。