大阪府・梅田「グランフロント大阪」にレタス工場併設のサブウェイオープン

写真拡大

サンドイッチチェーン「サブウェイ」は4月26日に、うめきた・グランフロント大阪(大阪市北区)の中核施設であるナレッジキャピタルに「野菜ラボグランフロント大阪店」をオープンする。

同店が出店するナレッジキャピタルは、企業や大学の多様な研究者やクリエイターが持つ技術と感性を融合させて、新しい価値を生み出すための複合施設。店舗は「フューチャーライフショールーム」内にオープンする。

店内には植物工場を併設し、そこで無農薬レタスの栽培を行う。最新技術の栽培方法で育つレタスを見ることができ、同社の野菜への取り組みを感じながら食事が楽しめる。更に野菜の代表的な栽培方法「露地栽培(畑)」をデジタルサイネージで演出。植物工場(技術)と露地栽培(畑)の共生という、同社が考える野菜の在り方を感じられる空間となっている。

同店は、 グランフロント大阪ナレッジキャピタル2Fにオープン。営業時間は8時〜21時(5月6日までは10時〜)。