映画だけではなく、コレクションでもコラボ! - 映画『華麗なるギャツビー』より
 - (C) 2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

写真拡大

 紳士服ブランド、ブルックス ブラザーズがバズ・ラーマン監督の映画『華麗なるギャツビー』にインスパイアされたコレクションを発売することがわかった。

 ブルックス ブラザーズは1818年から続くアメリカの老舗ファッションブランド。ブルックス ブラザーズの『華麗なるギャツビー』コレクションサイトによると、同ブランドは衣装デザイナー、キャサリン・マーティンと組み、映画のために500着以上の衣装を用意したとのことで、ギャツビーの世界を再現するのはお手の物だろう。

 また同ブランドの愛用者だったという原作者のF・スコット・フィッツジェラルドは、ブルックス ブラザーズこそ究極の高級紳士服の表象であると何度も書いていたという。同ブランドを映画の衣装に選んだキャサリンは「最も基礎的で根本的なつながりが、わたしたちのコラボレーションを実現させた」と語っている。

 1920年代をモチーフにしたコレクションにはスーツやドレスシャツ、ネクタイ、靴、タキシード、帽子などが含まれている。『華麗なるギャツビー』コレクションはブルックス ブラザーズの本店やブルックス ブラザーズの米通販サイトですでに取り扱いを開始している。日本では青山本店、丸の内店で取り扱う予定。(澤田理沙・井本早紀)