【クレカ】旅行代や出張費を安く抑える! 新幹線や高速道路で使えるおトクなカード

写真拡大

今年関東では桜は本当に早く咲きましたね。今後桜開花前線は北上しゴールデンウィークになって北海道に到達する予定です。さてそのゴールデンウィークですが、昨年新幹線・特急・急行の利用者は1,031万人もいたそうです。そこでそんな利用者の方に役立つ情報をお知らせします。

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

■1 新幹線の切符は、現金よりカードがダンゼンお得!

まずは東海道新幹線や山陽新幹線をご利用される方におすすめするカードは以下の2枚です。

「エクスプレスカード」(JR東海) 年会費1,050円

「J−WESTカード」(JR西日本)  年会費1,050円

●ココがお得です!
その1 東京⇔新大阪の普通席は窓口で買うより1,050円安い!=13,000円
(これだけで年会費はカバーできます。)

その2 1,000ポイントたまると、「のぞみ」にどこからどこまで乗ってもグリーン料金1回分がタダ!ひかりなら800ポイントでOK!(東京−新大阪を1往復すれば180ポイントたまります。)

その3 パソコンや携帯で(スマホでもアプリでも)予約でき、座席表を見ながら自分で好きな席を選べる。(例えば窓側あるいは通路側、車両の端あるいは真ん中などお好みで予約できます。乗車するのにN700系を選べば普通車は窓側にコンセントがあり便利です。)

その4 「EX−IC」というサービスもあり、それを使うと新幹線もチケットレスで乗り降りできる便利さ。(そうでない場合でも切符は自動券売機で受取出来ます。)

その5 「ひかり」全号と朝6時台の「のぞみ」のグリーン車が窓口で買う普通料金より安くなる!
例:乗車3日前までのIC早得予約で東京−新大阪が14,000円!
(私はこれのおかげでグリーン車に乗ることが増えました。)

その6 発券しなければ何度乗車変更しても手数料無し。通常は2回目からかかってしまう。

■2 JR東日本なら「えきねっと」の「トクだ値」

JR東日本の新幹線なら以下の2パターンがあります。

トクだ値(乗車券つき)【新幹線】・・・5〜15%割引
⇒東北・山形・秋田、上越・長野の各新幹線

(お先にトクだ値(乗車券つき)【新幹線】・・・25〜40%割引⇒東北・山形・秋田、上越・長野の各新幹線
(GWは対象外の日があります)

その1 例えば東京から新潟だと窓口で買うより1,550-3,610円程度安くなる。
(通常は10,270円、トクだ値15は8,720円、トクだ値35は6,660円!)

その2 クレジットカード登録が必要だが、View、JCB、VISA、Master、Amex、Dinersと数多く対応
窓口ではなく券売機でクレジットカードを挿入し切符を受け取ればさらに100−400円の値引き。パソコンや携帯で予約できるし、座席表を見ながら席を選べる。

その3 モバイルスイカがあればチケットレスが可能で、モバトク、スーパーモバトクがお得。
(東京―新潟だと窓口より940−1,810円安い。スーパーモバトクは8,460円)


総評1-2:
JR東日本のトクだ値は結構早く売り切れてしまうことが多いです(混雑時や直前だとグリーン車のみ、或いは各駅停車の列車のみ購入可能、ということも)。私自身が予約しても売り切れが多かったです。マイレージサービスは無いに等しいです(指定券売機で受け取ればえきねっとポイントはたまるがわずか20ポイント。400ポイントたまってもたった1,000円商品券としか交換できない)。

今回のようなゴールデンウィークを対象とするならJR東海やJR西日本のエクスプレスに軍配が上がると思います。

なお、注意すべきはJR東海とJR東日本の連携は無いことです。例えば大阪駅でJR東日本のえきねっとの切符は受け取れません。東京駅ならそんな問題はありませんが、券売機の場所に注意する必要があります。

またカードを使うワザではないですが、JR東海ツアーズの日帰り1dayを使えば東京-大阪が往復で2万円程度となります。

ゴールデンウィークの高速道路は渋滞が増えますが、それでも高速道路を使って移動する人は多いですよね。昨年ですと東名・新東名合計だけで約112万台の利用実績があります。

そこで続いては高速道路利用者やガソリンスタンド利用に役立つ情報です。

■3 高速道路でのお得な情報

高速道路も現金で払うよりクレジットカードで払うほうがお得になることがあり、その主なものをご紹介します。

例えばイオン首都高カードは、毎週日曜日にETC専用カードを利用すると首都高速の料金が5%オフになります。

イオンTHRU WAYカードのETCカードを毎週日曜日に利用すると阪神高速道路の料金が5%ポイント還元されます(ためたポイントは100円単位で阪神高速道路利用充当可能)。

JCBドライバーズプラスカードはご利用金額に応じて、ガソリンスタンド、高速道路のご利用分がキャッシュバック!ひと月最大6,000円、年間にすると最大72,000円のキャッシュバックです。しかも、ポイントも貯まります。
ただしキャッシュバック対象となる高速代、ガソリン代、メンテナンス代の支払が月3万円以上ないとキャッシュバック還元されないですが。

■4 ガソリンスタンドでのお得な情報

ガソリンの支払いも、現金ではなくカードにすれば、かなりお得になります。

まずおすすめするのは、「ENEOS card S」。
コレで支払えば1リットルにつき2円の割引になり、カギの閉じ込みなどの緊急時にはタダでJAF同様のロードサービスが受けられます。JAFの入会費は2,000円で、年会費は4,000円。その点、『ENEOS card S』は初年度が無料、翌年度も一度でも使えば無料ですから、ロードサービスがタダになるだけでも年間4,000〜6,000円浮く。運転頻度が少ない週末ドライバーなら、このカードがいいでしょう。

もし毎日運転されるなど相応の距離を運転するのなら、年会費は1,312円(初年度は無料)かかりますが、ガソリン1リットルあたり最大20 円割引の『出光カード』をおすすめします。ちなみに、どちらのカードもETCをつけられますが、『ENEOS card S』はETCと一体型で便利。

なおETCはマイレージサービスで登録すると、5万円の支払いで8,000円の自動還元が受けられます。また、ETCは土曜休日約50%割引(東京大阪近郊は30-50%割引)です。平日でも4〜6時と22〜24時が30%割引、0〜4時が50%割引。土日なら、地方は50%割引、東京・大阪近郊は6〜22時が約30%割引、22〜6時が約50%割引。高割引時間帯を狙ってゲートイン或いはゲートアウトすれば、高速料金も安くなるので知っておくと便利ですよ。

■5 補足(そのほかのガソリンスタンドで使えるカード)

国内最大手のENEOS(JX日鉱日石エネルギー)ですが、複数のエネオスカードがあります。

1.ENEOSカードS
年1回のカード利用で年会費無料(初年度無料)、いつでもガソリン1リットルにつき2円割引です。

2.ENEOSカードP
年会費は初年度無料、2年目からは1,312円。ENEOSのご利用1,000円ごとに30ポイントたまり、1,000ポイントで1,000円の還元ですから、実質3%還元となります。

3.ENEOSカードC
年会費は初年度無料、2年目からは1,312円。前月のENEOS・JOMO・一般加盟店のご利用額に応じてガソリン1リットル当たり1円から7円まで値引きが変わります。ガソリン消費量が多い方に向いていると思います。

次にシェア4位の出光石油ですが、実は私がよく行くのは(実家や自宅から近く、ガソリン店頭販売単価が安いという理由で)出光で、普通カードは次の2枚となります。

4.出光まいどカードプラス
年会費は永年無料。いつもガソリン1リットル当たり2円値引き、入会後1ヶ月はガソリン1リットル当たり5円の値引き、出光ロードサービスが年会費787円で入会可能、といった特典があります。

5.出光カード
年会費初年度無料、2年目から1,312円。入会後1ヶ月はガソリン1リットル当たり10円値引き。その後も1ヶ月の利用に応じて値引きも大きくなり、20万円の利用だと1リットルあたり20円の値引きとエネオスよりも大きな還元があります。

そのほかでは以下の通りです。
シェア2位のエクソンモービル:シナジーカード:初年度年会費無料、カード利用実績により1リットル当たり1-7円値引きとなります。

シェア3位の昭和シェル石油:スターレックスカード:初年度年会費無料、カード利用実績により1リットル当たり1-12円値引きとなります。

総評3-5
○シミュレーション:都内で働いている場合、ほとんどが電車通勤で、通勤にクルマを使うことは少ない。週末に運転する程度。だとしたら、ガソリン、JAF 、ETC…で約15,000円浮いた!

私の場合、東京〜岐阜、東京〜仙台(どちらも往復約800km)を往復することが多いです。それぞれ年に3回帰省するので、ガソリン代(1リットル=10km走行)は約1,000円浮く計算になります。さらにロードサービスが無料ですから、JAFに入ると入会費、年会費合わせて6,000円かかるので、「ENEOS card S」に入るとそのぶんがタダになるのはお得です。30分程度のサービスに限定されますが、バッテリーあがりや鍵閉じ込めなど無料で助かります!

また「ETCマイレージサービス」で車載機やETCカードなどを登録すると、支払い額に応じて還元が受けられます。支払い額が5,000円で200円、1万円で500円、3万円で2500円、5万円なら8,000円!有効期限があるので注意です。

なお原油価格相場、外国為替相場などにより元売りが単価を変動させることによって、ガソリンスタンドでの単価も変わります。また地域差、需給、価格競争などの要因でも変動します。そんなときには価格比較サイトでガソリンの単価を調べてから給油されるといいと思います。ガソリン価格比較サイトgogo.gs.では市区町村、油種、系列などにより条件指定検索でき便利です。

こちらのレポートもどうぞ!
【節約】手数料ゼロ、金利もおトク! 年間約2万円も節約できるキャッシュカードがあった! [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12834 ]
【クレカ】クレカ80枚使いこなした私が感じた、"ネットショッピング"で得するカード [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/12413 ]
まさかコンビニATMで手数料とられてない? 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10646 ]
「いつまでも返済が終わらない!」惨事になる前に。FPが教えるクレジットカード・リボ払いの落とし穴 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10394 ]
自然とお金が貯まる! 経済評論家・山崎元が教える、爽やかにお金と付き合う方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10146 ]