●はじめてのお使い

(画像:「RDG」公式Webサイトより)
© 2013 荻原規子・角川書店/「RDG」製作委員会

●キャスト
鈴原泉水子(すずはら いずみこ):早見沙織
姫神:田中理恵
相楽深行(さがら みゆき):内山昂輝
相楽雪政(さがら ゆきまさ):福山潤
鈴原紫子(すずはら ゆかりこ):朴璐美
鈴原大成(すずはら だいせい):井上和彦
野々村慎吾(ののむら しんご):乃村健次
鈴原竹臣(すずはら たけおみ):伊井篤史
末森佐和(すえもり さわ):津川祝子
渡辺あゆみ(わたなべ あゆみ):宮本佳那子
三田春菜(みた はるな):諏訪彩花
三崎洋平(みさき ようへい):河本啓佑
越川美沙(こしかわ みさ):壺岐紹未
和宮さとる(わみや さとる):釘宮理恵
宗田真響(そうだ まゆら):米澤円
宗田真夏(そうだ まなつ):石川界人
宗田真澄(そうだ ますみ):木村良平
高柳一条(たかやなぎ いちじょう):野島裕史
如月・ジーン・仄香(きさらぎ・ジーン・ほのか):ブリドカットセーラ恵美
村上穂高(むらかみ ほだか):石田彰

●ストーリー
世界遺産に認定された熊野古道、玉倉山にある玉倉神社。そこに住む泉水子は中学三年まで、ふもとの中学と家の往復だけの生活を送ってきた。しかし、高校進学は、幼なじみの深行とともに東京の鳳城学園へ入学するよう周囲に決められてしまう。互いに反発する二人だったが、修学旅行先の東京で恐ろしい事件が襲いかかる。泉水子が負う特殊な体質と一族の大きな秘密とは―。
●つれづれ
いつものように迎える朝。神社の境内を散策する鈴原泉水子。

鈴原泉水子「やっぱり、ほっとする。」

彼女は弓道の稽古中の相楽深行を誘い、山頂へ向かいます。

鈴原泉水子「今日は海が見える!」

そんな鈴原泉水子と相楽深行が話すのは、彼女の別人格である「姫神」。どうやら彼女自身もその存在を認識してはいるものの、彼女としては操作不能の存在。実は彼は近々東京の高尾山付近にある鳳城学園への転校を予定しているようです。
●和宮さとる
先日の修学旅行へ欠席した和宮さとるに対して、女子代表としてお土産を渡した鈴原泉水子。

和宮さとる「東京へ行って良かった?」

彼女はその言葉に対して、東京へ行った事を肯定的に捉えるも彼は東京に対する「穢れ」を嫌っている模様。そして彼女が東京へ転校する事も否定するのですが…。

その和宮さとる、何故か相楽深行は認識していないようですが…。但し、相楽深行が暴行を受けた黒幕が和宮さとると言う事は間接的に認識している模様。
●神霊
そんな鈴原泉水子と相楽深行がお迎えの自動車に乗り込み、帰宅しようとするも何者かが追ってくる様子。それも霊的な何か。和宮さとるなのでしょうか?しかし、姿が見えず。ということは…。

しかも自動車の目の前に烏が覆いかぶさり、自動車ごと崖から転落してしまいます。

相楽深行「和宮ってのは八咫烏なのか?」

辛うじて助かった3人。そして、目の前には和宮さとるが!

和宮さとる「どう見える?僕は只の中学生だよ。鈴原さんが望むなら。」

鈴原泉水子が和宮さとるを認識したのは、彼女が髪を切ってから。それは彼女の友達が欲しいという願望が具現化したもの。

和宮さとるは玉倉山の神霊であり、その霊力により彼女達を殺害する事も出来る力を持っているようです。しかも彼は彼女が山を下りる事を許さないようです。
●舞
鈴原泉水子「私を脅したり、二度としないで!私は貴方を嫌いになる。嫌いになればこの山には二度と来られなくなる。それでも良いの?」

彼女の強い意志は神霊である和宮さとるに通じたようです。

そして和宮さとるは立ち去ります。彼はいわば神のお使い、そして姫神としての神霊に目覚めた彼女に対して傲慢な態度を窘められたようです。

※ちなみに鈴原泉水子が山で舞いをする事、それは霊的な交信となり、彼女の願いが叶えられるようです。もっとも彼女はその意味に気付いていなかったみたいですが。

最後の願いが叶えられたとき、和宮さとるは消えていきます。

「RDG レッドデータガール」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「RDG レッドデータガール」第2話「手を繋いだら、姫神」(ネタばれ注意)
【アニメ】「RDG レッドデータガール」第1話「絶滅危惧少女」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「RDG レッドデータガール」TVアニメ公式Webサイト