三谷幸喜と主演・竹内結子

写真拡大

 劇作家・演出家の三谷幸喜がドラマW「三谷幸喜『大空港2013』」(仮題)で「完全ワンシーン・ワンカット」のドラマに再び挑戦することが明らかになった。2011年放送のドラマ「short cut」を同様のスタイルで制作している三谷だが、今回は地方空港を借りきってのロケ、主演・竹内結子をはじめ12名に上るメインキャストなど、大幅にスケールアップしての挑戦となる。

 「完全ワンシーン・ワンカット」とは、始まりから終わりまで一度もカメラを止めずに撮り続けるスタイルのこと。三谷いわく「舞台と映像、それぞれの面白さのいいとこ取りをしたものができないかとずっと思っていました」とのことで、2011年には同スタイルを採用したドラマ「short cut」を制作。演劇でもあり映像でもあり、また2時間にわたって演技を続ける俳優を追ったドキュメンタリーのようでもある同作は各所から絶賛された。

 そのノウハウを生かして挑むのが今回の「三谷幸喜『大空港2013』」(仮題)。出演者が3人だった前作に比べ、今回はメインキャスト12人のほか、大勢のキャスト&エキストラを起用。さらには実際の地方空港を借りきってのロケも敢行した。天候不良で空港に降り立った家族に起こるトラブルが、やがて大騒動に発展していくという群像コメディーになる。

 『ラヂオの時間』など、ワンシチュエーションでさまざまな人間模様が入り交じる展開は三谷の得意分野である一方で、それぞれに悩みを抱えた家族という題材は新境地となる。三谷自身、「あまり今まで描いたことがなかったですがずっとやってみたかったし、僕としても初めてのテーマです」と意欲をのぞかせている。

 メインキャストにもそうそうたる面々が集結。騒動に巻き込まれるグランドスタッフの主人公を演じるのは、ドラマW初登場となる竹内結子、お金に困っているルポライター役には生瀬勝久、謎めいた女性役に戸田恵梨香、偽者のパイロット役にオダギリジョー、家族に隠し事がある父親役に香川照之が起用されているほか、池松壮亮、梶原善、青木さやか、石橋杏奈、綾田俊樹、甲本雅裕、神野三鈴などが出演する。(編集部・福田麗)

ドラマW「三谷幸喜『大空港2013』」(仮題)は2013年放送予定