「東京難民」に主演する中村蒼ら(C)2013「東京難民」製作委員会

写真拡大

俳優の中村蒼が、佐々部清監督の最新作「東京難民」に主演していることがわかった。中村にとっては、「行け!男子高校演劇部」以来約2年ぶりの映画主演。また、ヒロイン役の大塚千弘をはじめ青柳翔、山本美月、中尾明慶、金子ノブアキ、井上順ら豪華な面々が結集した。

中村が演じるのは、東京の三流大学に通う時枝修。学費の未払いを理由にいきなり大学を除籍されてしまうが、時を同じくして生活費を支払ってくれていた父親との連絡も途絶えてしまう。一夜にしてネットカフェ難民となり、生きるためにホストとしての成功を目指すが、ホームレスにまで転落してしまう人生を歩むという役どころだ。

撮影を終えた中村は、「いまの日本には、1日を過ごすのも大変な人たちがいます。僕はこの作品をしてその事実を知りました。僕がいつそうなってもおかしくないし、他人事には思えませんでした」と述懐。だからこそ、「僕と演じた修は撮影当時同い年だったので、特にその同世代の人たちに見てもらいたいなと思います。そしたら、きっと当たり前に思えたものにも感謝して、より良い生活が送れるはずです」と語っている。

原作は福澤徹三氏の同名小説で、佐々部監督が脚本の青島武と4度目のタッグを組み、現代社会のがけっぷちを懸命に生きる若者たちの姿を描く青春群像劇。ヒロインの北条茜に扮した大塚は、ホストになった修に貢ぎ、次第に自らも転落していく看護師を体当たりで熱演した。自らの役どころについて、「私の芝居観念も女優人生も全てが変わりました。そして、茜からたくさんのパワーをもらいました!!」。また、修の先輩にあたるホスト・順矢役の青柳は、佐々部組を「もともと大好きな監督のひとりで、スピード感がものすごく早く、心地よい波に乗って進んでいくので、撮影に没頭することができました」と振り返っている。

佐々部監督は、2年前に脚本の青島から原作を紹介された時点では、「半分まで読んだところで何も共感できない主人公に、投げ出しそうになりました。読了した時点でR指定の映画に初挑戦しようと思いました」。撮影中は「自分も東京難民になろうと新宿の1DKでひとり生活、ちょっと大変でした。アベノミクスに踊る日本国だけど、現実の日本はこの映画の世界かもしれない。国内はもちろん、海外の人たちに見てほしいと切に願います」とコメントを寄せた。

「東京難民」は、2013年に全国で公開。

■関連記事
人気少女漫画の映画化「潔く柔く」 原作でも人気の真山役に中村蒼
中村蒼、舞台主演で7年目の原点回帰 新国立劇場に凱旋
中村蒼「行け!男子高校演劇部」続編に早くも意欲
中村蒼、スカート&タイツで“ロミオ”姿を披露
中村蒼、“主演ネコ”への大歓声にジェラシー