ラグ&ボーン、ロンドンメンズコレクションに初参加

写真拡大

 「rag & bone(ラグ & ボーン)」が、2014年春夏シーズンのメンズコレクションをロンドンで開催すると発表した。ニューヨークを拠点とするブランドが「ロンドン・コレクション:メン」でコレクションを発表するのは今回が初めてになるという。

ラグ&ボーン、ロンドンでメンズのショーの画像を拡大

 デザイナーのDavid Neville(デヴィッド・ネヴィル)とMarcus Wainwright(マーカス・ウェインライト)が手がける「rag & bone」は、世界で12のショップを展開し、ロンドンにはヨーロッパ初のフラッグシップショップとして2012年9月に出店。これまでメンズコレクションはニューヨークで発表しており、2013-14年秋冬のランウェイショーはライブストリーミング配信もしていた。

 Marcus Wainwrightはロンドン・コレクション:メンに参加することについて「イギリス人としてとても光栄です。ブランドにとってブリティッシュ・ヘリテージは大きく影響しているので、ホームタウンでコレクションを発表することに対して強い思いがありました」とコメント。またロンドン・コレクション:メンのチェアマンを務めるディラン・ジョーンズは、「rag & boneが参加することにより、ロンドン・コレクション:メンはインターナショナルデザイナーのプラットフォームとしてさらに注目されることでしょう」と発表している。

 3回目となる次回の「ロンドン・コレクション:メン」は、6月16日から18日までの開催を予定。「BURBERRY PRORSUM(バーバリー・プローサム)」が、10年以上発表していたミラノから開催地を移行して参加することが決定している。