秋元プロデューサーも「AKB48とは高橋みなみの事」と絶賛(2月撮影)

写真拡大

今春就職した新卒男女に「理想の上司」を尋ねたところ、男性上司では3年連続で池上彰さんがトップとなった。テレビ番組で難しい問題に切り込み、分かりやすく解説する姿が「知性的」で「指導力がある」と支持されたようだ。明治安田生命の調査による。

「親しみやすい」と支持されてきた関根勤さんや所ジョージさん、山口智充さんは、「頼もしい」阿部寛さんや、「実力がある」イチローさんに押され順位を下げている。お笑い芸人では上司が務まらない状況になっているのだろう。

「寝たいなら家帰れ」と言われたいのか

女性上司では天海祐希さんが4年連続トップ。男性では「親分肌」「兄貴肌」タイプの支持が低かったが、女性ではなぜか「姉御肌」の上司が支持される傾向にあるようだ。目を引くのが、8位となったAKB48の高橋みなみさん。史上最年少のランクインとなった。

高橋さんに「指導力がある」と答えた人の割合は14.8%と、2位の真矢みきさんを抑えてトップに。グループ総監督としてメンバーを引っ張る姿が、新入社員に「この人の下で働きたい」と思わせたようだ。

この調査結果に、ネットでは賛成する声が多い。4月8日で22歳になったばかりなので大卒社員からすると年下になるが、「高橋みなみが課長ならついていきます」という人もいる。AKB48のドキュメンタリー映画では、高橋さんがメンバーに向かって、

「寝たいなら家帰れよ!」「出来ないなら帰れ!」

と激しくゲキを飛ばす場面があったが、いまどきの若者の中には部下としてあんな指導を受けてみたい人が意外と多いのだろうか。

もちろん「体育会系のこういう感じはごめんだね」「ヤンキー風」と拒絶反応を示す人もいるが、

「(高橋さんを)批判してる奴は仕事どころか、学校で部活も何もしてなかった奴だろ。リーダーはなめられたらお終いなんだから。嫌われてナンボだよ」

と擁護する意見も少なくない。経験を生かして、将来は「ワンマン社長の下で円滑に組織を動かす方法」や「平成生まれの新入社員を育てる方法」といった本が書けそうだという人もいた。