「ロボット製作が趣味です!」と話すのは圧倒的に男性で、テレビのロボットコンテスト番組を見ても現場に行っても参加者は男子学生がほ とんど。もちろんロボットアニメ好き女子はたくさんいます。でも「リアル」なロボットをつくるまでになるひとって多くありません。

 ところが、ここにロボットが好きでしかも自作しちゃう人気急上昇中のアイドルが。それがSKE48の「なんなん」こと菅なな子さん16歳。自作の二足歩行ロボット「ななロボ」をブログで公開したり、テレビでも操縦を披露したりしています。で、なんと彼女が「ななロボ」を組み立てた のは小学4年生(!)のときというから驚きです。

 そんな〈なんなん〉が、ついにロボット専門誌『ロボコンマガジン2013年5月号』に登場!「ななロボ」といっしょに表紙を飾ってくれまし た。この可愛さは前代未聞、永久保存版です。さらに独占「ロボット愛」スペシャルインタビューも敢行。なぜロボットを作ろうと思ったの?  キットとはいえ、一から作るのって大変じゃない? といった質問にキュートに、それでいて熱く答えております。

 いつかはロボットと共演したいという野望をもっているそうなので、近いうちにそんなPVが見られるかも?(ちなみに「ななロボ」はSKE48 のダンスを踊れるとか。もちろんプログラミングしたのは〈なんなん〉!)自分をきっかけにして、『ロボ女』(それこそ『歴女』とかみたいに) が流行ると嬉しい、という〈なんなん〉。彼女に刺激されて「じつはロボ好きでした!」女子のみなさんがどんどんこの世界にデビューしてくると 面白いかも!



『ROBOCON Magazine (ロボコンマガジン) 2013年 05月号 [雑誌]』
 著者:
 出版社:オーム社
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
グーグルばかりやっているとバカになる!?
「病的な自分好き」が急増、原因はインターネットでの投稿にある?
アンケートで小説が映画化に? 読者参加型のデジタル文芸誌


■配信元
WEB本の雑誌