トヨタ、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が500万台を突破

写真拡大

トヨタ自動車は17日、ハイブリッド車のグローバル累計販売台数が、2013年3月末までに512.5万台(プラグインハイブリッド車を含む、同社調べ)となり、500万台を突破したと発表した。

同社は、1997年8月に日本でコースターハイブリッドEVを発売し、同年12月には、世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売。2013年4月現在では、ハイブリッド乗用車19モデルとプラグインハイブリッド車1モデルを、合わせて約80の国・地域で販売している。2012年のトヨタ販売のうち、グローバルでは14%、国内では40%がハイブリッド車になっているとのこと。

乗用車系ハイブリッド車の累計販売台数は、2013年3月末時点で「プリウス」が293.48万台、「プリウスα」(プリウスV / プリウス+)が29.49万台、「アクア」(プリウスC)が40.95万台、「カムリHV」が35.71万台などとなっている。

2013年4月以降では、2015年末までにグローバルで新型ハイブリッド車を18モデル投入する予定であり、今後も更なるラインナップの拡充、販売地域の拡大に努めていくとしている。