宇宙SFがモチーフの自転車を発売 -イメージは”銀河系警察VSアウトロー”

写真拡大

ビーズはこのほど、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)」より、宇宙SF映画をモチーフにした100台限定生産の20インチミニベロ、「CRUIZE(クルーズ)」と「LowRider(ローライダー)」を発売した。

同商品は、「DOPPELGANGER」設立以前に同社「BLITZER(ブリッツァー)」ブランドより発売され、人気を博した「CRUIZE2(クルーズ2)」、「GLANZ Low Ride(グランツローライダー)」をベースに、宇宙SF映画をモチーフにしたリバイバルモデル。

「CRUIZE」は銀河系警察のような潔くまっすぐなヒーロー、「LowRider」は宇宙の平和を乱す悪役をイメージしてデザイン。往年の宇宙SF映画のキャラクターのような、個性的で少しノスタルジックな印象に仕上げたという。

タイヤサイズは、「CRUIZE」が20×2.25インチ、「LowRider」は20×1.95インチ。両モデルともシリアルナンバーを付与した、限定100台の限定生産となる。価格は共にオープンで、参考価格は「CRUIZE」が82,200円、「LowRider」は77,000円。