数日前に同友人のライブで歌手デビューを果たしていたマコーレー・カルキン
 - Dominique Charriau / WireImage / Getty Images

写真拡大

 映画『ホーム・アローン』のマコーレー・カルキンが、ロンドンのナイトクラブ「ザ・ホーント」から出てきた途端、ののしりながら叫び声を上げ、パパラッチに突進したという。

 事件が発生したのは、現地時間16日午前1時半ごろ。ザ・ホーントで行われた友人のミュージシャン、アダム・グリーンとビンキ・シャピロのライブの終演後、会場から出てきたマコーレーは突然パパラッチに向かって突進しようとしたが、付き人たちがマコーレーを引き留め、迎えに来た車に乗せて事なきを得たという。

 MailOnline.comによると、パパラッチに向かって「地獄に落ちろ」とも叫んでいたとのことで、ケンカを吹っかけようとしていたのではないかと報じられている。

 その数日前、ロンドンで彼と偶然話をしたという女性マーリー・スピンドラーは、最初はホームレス男性かと勘違いしたとコメント。マコーレーは穏やかな口調で、ロンドンには友達に会いに来たと話していたという。「最初は誰だか気づかず、ホームレスの男性がタバコをたかろうとしているのかと思ったわ。わたしは専門家ではないけど、精神的に不安定な感じがした」とメディアに語っている。(BANG Media International)