※イメージ画像:『STORY 2 Celebrity present』EXIT LINE

写真拡大

 憎めないタメ口キャラと明るい性格で大ブレイクしたモデルでタレントのローラ。決まり文句の「オッケ〜」が流行語大賞にノミネートされた昨年に続き、今年も多くのバラエティ番組やCM、イベントなどにひっぱりダコとなっている。大御所にも臆せずにからむなど、奔放な物言いが魅力のローラ。その自由な雰囲気は見る者を存分に楽しませてくれる。

 しかし、そんなローラが番組収録中に不謹慎な態度を取っていたと発売中の「アサヒ芸能」(徳間書店)が伝えている。記事によると、その番組は3月30日に放映されたバラエティ番組『世界最強の勇者たち』(日本テレビ系)。不定期ながら、毎回あらゆるジャンルで活躍する人物たちを紹介するスペシャル番組だ。今回の目玉VTRとして、両手両足に障害のある青年のカイル・メイナードさんが家族と仲間に支えられながらキリマンジャロに登頂するというドキュメントが紹介された。

 スタジオでは、そのVTRを司会のくりぃむしちゅーとゲストの武田鉄矢、優木まおみらがモニターで鑑賞。感動のエンディングを迎えてスタジオ中が余韻に浸っている中、ローラは両手で顔を覆っていたという。そこでMCの上田晋也は武田鉄矢にコメントを求めたが、その直後に突然「ローラ、お前、スタジオから出て行け!」と怒声を放ったそうだ。ローラはケラケラと笑い始め、「だって、おかしかったんだもん」と弁解気味に言ったようだが、周囲が啞然とする中、上田はもう一度スタジオ中に響き渡る大声で「今すぐ、出て行け!」と叫んだというから穏やかではない。

「記事でも触れていましたが、ローラがVTRの内容に対して笑ったのか、それとも観客席などスタジオ内の何かに対して笑ったのかは不明です。というか、さすがにVTRを見て『おかしかった』というのはありえないですから、障害者を嘲笑したという線は考えにくいでしょう。スタッフの動きなど、たまたま目についたものが彼女のツボにはまってしまった可能性もあります。しかし、VTRの内容が内容だけに鑑賞後は神妙な空気になることは想像できたはず。ましてや、同じゲストには武田鉄矢やあき竹城など芸能界の大先輩もいるわけですから。それに、自分にコメントが求められるかもしれない立場なので、その準備は常にしておかないといけないはず。上田はその緊張感のないローラを戒める意味でも『出て行け!』と怒鳴ったのではないでしょうか」(芸能ライター)

 現場ではプロデューサーが割って入り、このコメント部分はお蔵入りに。オンエアではこのVTR直後に優木の短いコメントのみが放送されている。笑いの原因は不明とはいえ、結果的に「放送中止」となってしまっただけに、ローラの行動はやはり軽率と言われても仕方のないようだ。

「もったいないですね。トリンドル玲奈、春香クリスティーン、SHELLYらハーフタレントが乱立する中で、バラエティ番組に一番コンスタントに出演しているのはやはりローラです。3月から『素肌しずく ぷるっとしずく化粧水』、4月から『アサヒふんわり』など新CMも続々始まっています。スタッフ受けもよく、実は頭の回転がいいというのが業界での共通認識になっています。しかしながら、CMの起用はイメージ重視。少しでもリスクは避けたいのが本音ですから、もしもこういったことが続いたりすると手を引かれてしまう危険もありますからね」(同)

 最近では、口調や仕草が「ローラに激似」と話題になった“第二のローラ”こと水沢アリーの露出も増えつつあるが、それでも“本家”ローラの人気は衰えない。春先からのCM大量投下や特番バラエティなどの露出ぶりからも、今は「芸能人としての地位」を確立したい大事な時期なのだろう。今後はより慎重な振る舞いも要求されることになるだろうが、ローラの良さは自由にしゃべってこそ。あまりナーバスになりすぎると魅力自体も消えてしまうことになりかねない。そのあたりのバランス感覚が上手にとれれば、息の長いタレントして芸能界の荒波を泳ぎ続けられるのだろうが…。
(文=津本ひろとし)