リチャード・ル・パルメンティエさん
 - Albert L. Ortega / Getty Images

写真拡大

 映画『スター・ウォーズ』でダース・ベイダーのフォースによって首を絞められた俳優リチャード・ル・パルメンティエさんが、現地時間16日米テキサス州に住む子どもの家で亡くなった。66歳だった。TMZ.comほか複数のメディアが報じた。

 リチャードさんは映画『ロジャー・ラビット』『007/オクトパシー』などを含む多くの映画やテレビに出演しているが、『スター・ウォーズ』でダース・ベイダーにたてつき、フォースの力を侮辱したことでベイダーの怒りに触れ、見せしめに首を絞められたモッティ提督を演じたことが一番有名かもしれない。

 リチャードさんの死因は現在のところ不明。リチャードさんは1974年にイギリスに移住し、移住後は俳優活動だけではなく、イギリスのテレビドラマなどで脚本家としても活躍していた。リチャードさんはイギリス人女優サラ・ダグラスと1981年に結婚し、1984年に離婚している。(澤田理沙)