クリス・パイン、ザッカリー・クイント、アリス・イブ

写真拡大

全米興行者や映画製作者が一同に介し、今後の注目作が発表される映画業界最大のトレードショー「シネマコン2013(CinemaCon)」が現地時間4月15日から開催されている。このイベントのオープニングナイトに話題作『スター・トレック イントゥ・ダークス』が登場、主演クリス・パイン、ザッカリー・クイント、アリス・イヴなど人気キャストらが会場に現れ華やかに盛り上げた。

【関連コラム】「このポスターはまさに僕なんだ!」『スター・トレック:イントゥ・ダークネス』ベネディクト・カンバーバッチに直撃取材!

ラスベガスのシーザーズパレスホテル、コロシアム・シアターには全米から興行者や関係者がつめかけ、3D上映された『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の最新フッテージ映像が上映されると、会場に集まった2000人が興奮に酔いしれ、終映後には感嘆の声と熱狂的な拍手が巻き起こった。

J.J.エイブラムスに代わり、プレゼンテーションのピンチヒッターとして登壇したデイモン・リンデロフ(脚本・製作)は「2Dに比べて、映画の印象がだいぶ変わるので3Dで是非観てほしい。今も650人ほどのスタッフが3D編集の最終作業中です。」と胸を張った。

主演のジェームズ・T・カーク役、クリス・パインも「本作はストーリーもアクションも前作の比じゃない。登場人物たちが経験する"旅"もね。彼らははまだ家族のような関係になりきれてない、"未完成"なチームなんだ。お互いの気持ちを探り合っている。でも、次第に絆が深まり、さらにチームワークが強くなってきた。彼らの成長する過程はとても興味深いものになると思うよ。」と映像だけでなく、ストーリーにおいてもスケールアップしていることを強調した。

『スター・トレックイントゥ・ダークネス』は、稀代の天才プロデューサーJ・J・エイブラムス監督によるSFアクション超大作。アメリカ公開は5月17日(金)、日本公開は、夏休み8月23日(金)より全国超拡大ロードショー。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『スター・トレック』のクリス・パインが、成田空港でファンの歓声を受けたベネディクト・カンバーバッチにやきもち!?
『スター・ウォーズ』の新作映画をJ・J・エイブラムスが監督することを、『スター・トレック』の出演者はどう思ってる?
『スター・トレック:イントゥ・ダークネス』の特別フッテージ、期間限定上映決定