映画登場の車を20台限定販売、光岡自動車×「探偵はBARにいる」。

写真拡大

光岡自動車は4月20日、映画「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」とコラボした特別仕様車「Viewt 探偵はBARにいる」を20台限定で発売する。価格は262万円(税込み)。

今回登場する特別仕様車は、「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」の公開を記念して発売されるもの。劇中に登場する「高田号」(松田龍平が演じる高田の愛車)をイメージして、ボディカラーはクラシック感漂うダークグリーン、インテリアは本革シート、ウッドタイプインパネ、センターコンソールセット、クラシックドアトリムを標準装備とした。

また、グリルバッヂとフロントフェンダー、C ピラーには主人公の“探偵”(大泉洋)が事務所代わりに通うBAR「ケラー・オオハタ」のマークをあしらったエンブレム、トランクフードには映画タイトルのステッカーが貼付している。

「Viewt(ビュート)」は高田の愛車「高田号」(ビュートの初代モデル)として、前作に引き続き劇中に登場。“探偵”(大泉)と相棒の“高田”(松田)が乗る高田号はオンボロだけど愛着があって手放せない大切な存在だ。クルマという機械でありながら、いざというとき、話しかけないとエンジンがなかなかかかってくれない一面を見せるほか、今回は激しいカーチェイスシーンもこなしてくれる。そんな人間味たっぷりのクルマが、同社のクルマづくりの理念に同調して、このたびの特別仕様車発売の運びになったという。

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」は、2011年9月に公開され、大ヒット&ロングランを記録、日本アカデミー賞など映画賞を賑わせた「探偵はBARにいる」の続編。5月11日より劇場公開となる。