凍ったまま食べる「フローズンクロワッサン」を発売 - テーブルマーク

写真拡大

テーブルマークは22日、凍ったままで食べる新感覚のベーカリースイーツ「フローズンクロワッサン」2商品を発売する。

同商品は、生地の発酵状態をコントロールすることで、生地間の隙間を大きく生地厚を薄く設計。中身のホイップクリームにも空気を多く含ませることで、冷凍庫から取り出して凍ったまま食べられる商品とした。

クロワッサンには、芳醇な香りが特徴のフランス産発酵バターを使用。飽きのこない甘さの自家製クリームをサンドして、ひんやり・サクサクの新しい食感が味わえるという。また、冷凍庫から取り出した後、しばらく置いてから食べるとクリームがなめらかになるなど、食べ方によって食感の違いも楽しめる。味は「フローズンクロワッサン バニラ」「フローズンクロワッサン チョコ」の2種類。価格は各オープン価格(想定価格198円)。