東京都・御徒町に小僧寿しが厳選素材の立ち食い「築地 鉢巻太助」オープン

写真拡大

小僧寿しは4月26日に、立ち食いスタイルの江戸前寿司「築地 鉢巻太助」を、御徒町にオープンする。

同店は、”プチ贅沢(ぜいたく)消費ニーズ”を取り込むため、小僧寿しのキャラクター「鉢巻太助」を使った小僧寿しの上位ブランドとして展開。これまでの郊外型の持ち帰り寿司店と差別化し、都心型のイートインタイプとして厳選素材34種を、リーズナブルに提供する店舗と位置づけていく。

主な同店限定メニューは、自慢の本鮪(まぐろ)「極撰 本鮪三種」、毎日鹿児島の漁港より直送便で入荷する白魚(白身)のほか、「厳選 塩の三種」、一口では食べきれないほどの大きい「クレイジーサーモンステーキ炙(あぶ)り握り」など。

価格は単品34種は80円から。極撰 本鮪三種は620円、厳選 塩の三種は380円、熟撰 炙り三種は380円、秘伝 タレの三種は380円、クレイジーサーモンステーキ炙り握りは380円。

オープン記念として4月26日〜28日に同店で飲食した人を対象に、中トロ1貫をプレゼントする。また、5月中はアベノミクスによる日本経済を応援するため、 日経平均株価指数が上昇した翌日の平日に限り、飲食した先着30名に中トロ1貫をプレゼントする。

営業時間は、平日11時〜23時、土日10時30分〜22時。年中無休。