21世紀フォックスのチェアマン兼CEOになるルパート・マードック
 - Justin Sullivan / Getty Images

写真拡大

 大手メディア企業ニューズ・コーポレーションは現地時間16日、傘下のエンターテインメントグループを分離独立させ、新会社「21世紀フォックス」を設立することを発表した。同名称はこれまで予定されていた「フォックス・グループ」に代わるもので、映画会社やテレビ部門の「20世紀フォックス」は存続する。

 同社チェアマン兼CEOには、ニューズ・コーポレーションのチェアマン兼CEOであるルパート・マードックが就任する。マードックは、この命名について「われわれの映画会社の豊富な創造的遺産を引き継いでいる一方で、わたしたちを未来へと導いてくれるであろうメディア、エンターテインメントビジネスの根幹となる革新性やダイナミズムにも言及したものとなっています」と説明した。

 これにより、映画スタジオなどで知られる「20世紀フォックス」は、「21世紀フォックス」の傘下に入ることとなる。同傘下には、ほかにもフォックス・ニュース、フォックス・スポーツ、ナショナル・ジオグラフィックなどが含まれている。(編集部・福田麗)