VICTORIA'S SECRETのファッションショーでのミランダ・カー (c) Hollywood News

写真拡大

モデルのミランダ・カーが、人気下着ブランドVICTORIA’S SECRET[ヴィクトリアズ・シークレット]の専属モデルをやめることは、息子が生まれてから考えていたと明かした。

現在夫で俳優のオーランド・ブルームとの間に2歳の息子フリン君を育てているミランダは、先日同ブランドの専属モデル「エンジェルス」の契約を更新しないと伝えられた。ミランダの評判が厳しかったという噂が流れたが、ミランダ自身は「The Sydney Morning Herald」紙に「私と仕事をしたことのある人はそれが本当ではないって思ってくれるはずよ」とコメントした。

さらに「自然な進み方だったの」「私は13歳からモデルをしているわ。自分の人生の新しい段階に来ているの。息子が生まれてからずっとそう思ってきたわ。母親になって、自分の時間に優先順位をつける必要があるって気づいたの」「自分のクライアントに100パーセントの力を出すことは大切なことよ。個人的なことでもビジネス的なことでも、大きな決断をすることには慎重にならなくてはいけないわ。私は自分のキャリアにおいて、やりたいことをやる機会を広げるっていう段階に来たの」と語っている。

ミランダは今後も同ブランドとは仕事をしていくことを明かし、ほかの仕事もあるので、専属モデルでいられる時間を作ることが厳しくなったと話している。

ミランダは母親になったこと、そして自身のキャリアのために新しい道を歩んでいきたいと考えたことで、自ら専属モデルをやめる決断をしたようだ。母親として子供を育てながら活躍をしていく彼女をファンは応援しているだろう。【馬場 かんな】