リーダーシップにおける3つの領域

写真拡大

男と女の間には「深くて暗い川がある」と歌ったのは野坂昭如だが、職場の同僚、上司、部下ともなれば、その川を越え協力し合わなくては業務にも支障が出る。平成23年のデータによると、雇用者総数に占める女性の割合は42.7%。まさにさまざまな立場、年齢の男女が混合で働くのが今の職場なのである。

「男性と女性では職場にいることの前提条件が違うことが多いのです」

エグゼクティブコーチとして企業のエグゼクティブ層のコーチングを担当するコーチ・エィの青木美知子氏は言う。

「1回会社に入ったら、基本的にサラリーマンとしての人生を全うすることがデフォルト(初期設定)なのが男性。対して女性は選択肢が多い中、自分で選んでその場所にいるのだという考えが強い」

だからこそ、女性には「採用してやった」という上から目線でなく、お互いに選び合って今一緒に仕事をしているというリスペクトで、よいパートナーシップが築けるのではないかと青木氏は語る。

「特に女性は『大義』よりも、その場に貢献しようという意識が男性より高い傾向があるので、自分が本当に尊敬できる上司のためなら頑張ってくれます」

地位があれば黙って従ってくれる男性とは違い、女性は人間としての本質を見ているともいえる。やりにくいと思うこともあるだろうが、味方にすればこれほど頼もしい存在もないはずだ。

青木氏は、リーダーシップには大きく分けて3つの領域があると語る。

「1つは権威のパワー、2つ目が知識やスキル、経験といった実務能力。3つ目は人間性です。男性は1と2の力で引っ張りやすいですが、女性が重視するのは第3の領域。たとえば『部長が言ったから』という理由で強制すると女性にはそっぽを向かれがちです」

逆に女性が男性を率いるときは、意識的に第1、第2の領域も使うといい。

「女性上司で男性部下の扱いに比較的苦労していない人は、権威のパワーを上手に行使しています。社内のパワーバランスもわかっていて、さらに上の上司との調整もできるようであればいいですね。和気藹々と目の前の人間関係や仕事だけに終始してしまうと、男性部下は『もっと社内でうまく立ち回ってくれ』というフラストレーションを抱えてしまいます」

■結果かプロセスかで温度差が生まれる

また青木氏はいわゆる「報・連・相」で生じやすい男女間の温度差についてもこう表現する。

「男性にとって仕事はいわば山登り。登った先、つまり重視するのは結果。一方、女性にとっては川下り。下った先ではなく、プロセスが重要です」

だからこそ女性の報告は「結果に至るプロセス」が長く、男性が「結果を先に言え」とイライラすることが起こりやすいのだ。「女性が男性に報告するときは結果を先に言うようにする。逆に、男性は日々のプロセスを『ちゃんと見てるよ』と頻繁に、継続的に伝えることでスムーズな関係が築けます」(青木氏)。

褒めるときも、相手が男性なら、結果を見て大きく取り上げる。しかし女性の場合は、植物に水をやるがごとく、日々のプロセスの中でいかに頻繁に声をかけるかがより重要になってくる。

「いつも会議の5分前に来てるね、とか些細なことでいいんです。『見ているよ』と伝える頻度と継続性が重要なんです」

■「男語」と「女語」はなぜ違うのか?

女性向けキャリアカウンセラーとして人気のある五百田達成氏は、男が女語を話し、女が男語を話す「両利きコミュニケーション」が今の職場には必要だと語る。男性でも「繊細で感受性が強い」女性化した人もいるので、男性的、体育会的リーダーシップだけではついてこない。

「『会社のルール 男は「野球」で、女は「ままごと」で仕事のオキテを学んだ』(パット・ハイム、スーザン・K・ゴラント共著)という本があります。野球では上の言うことは絶対でバントしろと言われたらバントする。自分はホームランを打てなくても、チームが勝ったら、それでいい。勝つことを目的として、手段は選ばないんです。一方、女性がやってきた『おままごと』は勝利に向けてというような結果も終わりもない。みんなでなんとなくその場を仲良くすること自体が目的です。これから伸びる人は、この両方のコミュニケーションを理解して使い分けられる人でしょう」と五百田氏。

それでは異性相手に、具体的にはどんな言動がNGで何がベターなのか? ケース別の行動リストをチェックして自己採点してほしい。

■「異性嫌われ度」チェックリスト

悪気なく地雷を踏んでいないか? 男女ともに半分以上チェックが入れば要注意!

●男性→女性

・挨拶

□PCを見たままなど、相手を見ないで挨拶を返すことが多い

□ぶっきらぼう。愛想よくしないことで威厳を保ち、公私をわきまえている感じがすると思っている

・報連相

□ネガティブチェックに終始。ダメ出しばかりして代案は出さない

□「あの件、ダメになったから」など結論だけ伝え、プロセスについては言及しない

□仕事がデキる男を気取って、用件のみ手短に伝える。ねぎらいやいたわりができない

・業務上の注意

□前置きやアイスブレーク抜きに、いきなりダメ出しから入る

□物事の全体像を伝えずに指示をし、望んだものがあがってこないとイライラをぶつける

□「いかに自分が正しいか」という論理で追い詰めて逃げ場を奪う

□「部長がおっしゃることだから」などと組織内の序列を盾に使う

・雑談

□「でもそれってさ〜」「そうかなあ?」などすぐに反論・議論しようとする

□「だいたい君もね……」などと、唐突に説教を始めてしまう

□結論のない話、出口の見えない愚痴を聞いていると、イライラして解決策を提示したくなる

□過去の自分の自慢話に終始する

・接待

□相手の好みを聞かず、楽をして自分の行きつけの店にしてしまう

□ニュースや天気の話題などの世間話が苦手。いきなり本題に入ってしまうことが多い

・2人で飲み会

□いつも特定の相手だけと、こそこそと出かけていく

□信頼関係が築けないうちに、話題に困りプライベートな話を振ってしまう

□レディファーストなど基本的な気遣いができず、「不器用だから」「わからないから」と開き直る

●女性→男性

・挨拶

□挨拶ついでに、無駄話や愚痴を長々と話してしまう

□目上の男性に敬語を使わず、周囲に気を使わせる

・報連相

□事実よりも、感情ベースで話してしまう

□がんばった過程・プロセスに重きを置き、話が長い

□「結論を先に」「整理してから」などの基本を怠り、思いついたまま話してしまう

・業務上の注意

□「私が困る」「すごくイヤ」など感情的に叱ってしまう

□完璧を期そうとして、細かいことを放っておけない

□「いかに私は悪くないか」など自己弁護を繰り返し、話が進まない

□社内のコネクションや力関係といった武器を上手に使えない

・雑談

□男性の自慢話に、あからさまに関心のない態度を示す

□「あの人は使えない」など、同僚をこきおろす

□相手のリアクションを察知せず、「彼女いないの」など逆セクハラにつながるような話を振る

□取り留めもない愚痴ばかりに終始する

・接待

□目的を忘れて食事を楽しんでしまい、大事な話をなかなか切り出せない

□過度に女性的、もしくは男性的すぎる服装

・2人で飲み会

□2人で飲みにいったことを女性ネットワークに気軽に話してしまう

□自分が飲みすぎて、言動のコントロールができなくなる

□気持ちが緩んでしまい、過度に女性として扱ってもらいたがる

(※五百田達成氏の話をもとに編集部作成)

まずは基本の「挨拶」から。パソコンの画面を見ながら目を見ない、返事をしない、機嫌が悪くなくてもいつも難しい顔をして、表情が変わらないというのが男性にありがちな行動だ。

「女性はにっこりすることが大切と小さなころから教育されている一方、男性は笑顔を見せないことが威厳を保つと思っている人も多い。でも、無表情だと『余裕のない人』と見られがちです」

女性は「できる人より感じのいい人」のために動く。目を見るのが基本だが、目を合わすのが苦手な人は眉間や鼻のあたりに視線を合わせるといい。

トラブルを起こした際の感情の取り扱いについても性差があるので要注意だ。

「女性はまず感情的になって『私は悪くない』と言い訳し、いかに頑張ったかプロセスから説明しようとしがち。でも事実と感情を分け、男性にはスパッと結果から言うべきです」

女性も会社に入ったからには、男語を学び野球の手法を身につけるべきなのだ。

「男性側も結果だけを見ていきなり怒ったり、ネガティブチェックから入らないこと。怒鳴るのは論外です。まずは『大変だったね』などとプロセスに目を向ける。語尾に『ね』という『共感のひと言』を加えることもテクニックの1つです。最近は男性も泣く時代ですが、男女かかわらず相手が泣いたら、感情に巻き込まれず、黙ってティッシュを差し出して待つぐらいの余裕が必要でしょう」

最近は、接待で取引先の担当者が女性だったり、逆に女性営業が顧客を接待する場合もある。また異性の上司と部下で飲みながら話すという局面もある。特に夜の席は、プライベートな方向に流れそうな雰囲気を極力廃さなくてはいけない。

「接待で異性と2人きりになりたくないときは、女性は男性、男性は女性部下を伴うといいでしょう。もし雰囲気がまずいと思ったら1回席を立って場の空気を変える。異性の上司と部下で2人で飲み会にいかざるをえない場合は、上司の側が飲まないようにする、ランチにする、などリスクを軽減する自衛は必要です」

男性上司が若い部下に対して話題がなく、ついプライベートな話を振ってしまうのはよくあることだが、今は女性上司から若い男性部下への「彼女いないの?」などの逆セクハラ発言もNGなので気をつけたい。

「男性はやはり仕事の自慢話が好き。女性はあえてそこを引き出し、聞いてあげるくらいの気持ちも必要です。逆に男性は自慢話に終始しすぎないよう気遣い合えば、気持ちのよい席になるのでは」

女性管理職はまだまだ少数派で微妙な立場。男性が女性上司と2人で飲みにいく場合は、用件を最初に話したら、後は意図的に男性側が愚痴を聞いてあげるくらいでいい、と五百田氏は語る。

前述の青木氏は、今の時代、出世するタイプは周りの人に支えられていると分析する。「まず自分が先に相手を尊敬して、それを表現する言葉を持つことです。たとえば、男性が女性部下の支えがあって出世したという話をよく聞きますが、そこはやはりいかに人間性を示せるかにかかっているのではないでしょうか」。

男女の壁ぐらい越えられないと、これからのグローバル時代を生き残れない。その意味でも、異性への理解はサバイバルに向けたリトマス試験紙なのだ。

----------

コーチ・エィ執行役員 青木美知子
早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)を経て2012年より現職。

キャリアカウンセラー、作家 五百田達成 
東京大学卒業後、角川書店などを経て、コミュニケーションなどをテーマに執筆や講演を行う。著書『特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ』が10万部のヒットに。

----------

(ジャーナリスト 白河桃子=文)