北野武監督が9年ぶりのDVD1位、「アウトレイジビヨンド」売上げ好調。

写真拡大

北野武監督(66歳)の映画「アウトレイジ」(2010年公開)の続編として、昨年公開された「アウトレイジビヨンド」のDVD&BlurayDisc(以下BD)が4月12日に発売され、DVD「アウトレイジビヨンド」(バンダイビジュアル)が発売初週で1.8万枚を売り上げ、4月22日付けのオリコン週間DVDランキング(集計期間:4月8日〜14日)で初登場総合首位を獲得した。監督・北野武にとってVHS・DVD・BDを通じ、映像売上ランキングでの総合首位は、2004年3月29日付けで記録した映画DVD「座頭市」(2004年3月発売)以来、9年1か月ぶり2作目の快挙だ。

また、同時発売のDVD「アウトレイジビヨンド【スペシャルエディション】」は、発売初週で0.4万枚を売り上げ、初登場7位にランクイン。BD盤の「アウトレイジビヨンド」「アウトレイジビヨンド【スペシャルエディション】」も発売初週でそれぞれ0.7万枚と0.6万枚を売り上げ、同日付週間BDランキングで総合2位と3位にランクインし、DVD・BDともに2作同時TOP10入りを果たした。

北野武監督にとって初の続編映画となる本作は、前回の下剋上劇から5年後、死んだはずの男・大友(ビートたけし)を巻き込んだ警察組織の陰謀と東西の巨大ヤクザ抗争を描いたバイオレンス作品。【スペシャルエディション】の特典DVDには「OUTRAGE “FURTHER” BEYOND」と題したメイキング、全員悪人インタビュー、ベネチア国際映画祭リポート、イベント&舞台挨拶集、悪人からまなぶ劇場マナー養成講座等の映像を収録し、初回封入特典には解説書「北野組読本」(24P)が付属している。