クリエイティブジャーナル誌「QUOTATION」ファッション版 MATOIから創刊

写真拡大

 クリエイティブジャーナル誌「QUOTATION(クォーテーション)」を発行するMATOI PUBLISHINGから、ファッションにフィーチャーした新雑誌「QUOTATION FASHION ISSUE」が創刊される。年4回の季刊誌とする計画で、「QUOTATION」の蜂賀亨(はちがとおる)氏が両誌の編集長を兼任。創刊号の発売は4月25日が予定されている。

QUOTATIONファッション版創刊の画像を拡大

 2008年にスタートした「QUOTATION」は、ファッションやグラフィック、アート、写真、建築など各国のクリエイティブ情報をスタイリッシュなエディトリアルで紹介している。同誌のファッション版として新たに立ち上げられた「QUOTATION FASHION ISSUE」は、「時代の最先端を読み解く新感覚のファッション雑誌」というキーワードを掲げ、ファッションに特化した独自の誌面を展開する。読者ターゲットは業界関係者からファッションフリークまで幅広く、持ち運びに便利なバッグサイズのコンパクトな判型を採用。国内外のファッションショーやファッションデザイナーのクリエーションに照準を合わせた豊富なビジュアルや批評を通じて、ファッションの魅力を発信する。

 創刊号はパリとミラノ、ニューヨーク、ロンドンの海外4大都市のメンズ・ウィメンズの2013-14年秋冬コレクションを特集。同号の販売目標部数は国内2万部、海外1万部の計3万部で、価格は1,470円。東京コレクションを特集するという次号は6月14日に発売する予定だ。