映画ファンなら要チェックのドラマ「みんな!エスパーだよ!」2、3話のシーンカットより(第2話)/[c]若杉公徳/講談社 [c]「みんな!エスパーだよ!」製作委員会

写真拡大

これまで、「モテキ」と「鈴木先生」が映画化されたテレビ東京系“ドラマ24”の新作「みんな!エスパーだよ!」が4月12日よりいよいよスタートした。実写&アニメ化された「デトロイト・メタル・シティ」の若杉公徳による同名コミックが原作で、ヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)に輝いた『ヒミズ』(11)の染谷将太&園子温監督が再タッグ。監督にとっては「時効警察」以来となるTVドラマということで、早くから話題を集めていた作品だ。

【写真を見る】ヤンキーな女子高生を演じている夏帆がついにラブホテルへ…!(第2話)

舞台は園監督の故郷でもある愛知県東三河。ある日突然、超能力に目覚めた平凡な童貞高校生の嘉郎が、能力に戸惑い苦悩しながら世界を救い、片思いの女子を守ろうと決意するのが第1話の大筋。これだけ聞けば爽やかな青春学園ドラマなのだが、実際はパンチラ満載のちょっとエッチな青春コメディとなっている。

嘉郎が想いを寄せる紗英を元ハロー!プロジェクトの真野恵里菜、嘉郎の幼なじみでヤンキーの美由紀を夏帆が演じているのだが、2人を含む女子のパンチラ(場合によってはパンモロ!)シーンが教室で、体育館で、バス停で炸裂!!さらに白いハイソックスにミニスカ&ブレザー姿の真野を、カメラがローアングルから舐め上げるように映し出し、「絶対私でオ○ニーしてる」という衝撃発言も(※実際は心の声)!

美由紀役の夏帆も教室でブレザーを脱いで挑発的なポーズ、さらに家で勉強中“何か”を感じると、チューブトップ姿で恍惚の表情を浮かべるという艶技で応戦!?対する思春期真っただ中の嘉郎はパンチラの魔力には抗えず、テレキネシス(念動力)で紗英のスカートをめくろうとする童貞中年の輝さん(マキタスポーツ)に協力してしまうという体たらくぶりだ。

彼ら以外にも、常に助手(園監督の妻で女優の神楽坂恵)の巨乳を弄んでいる謎の教授(TEAM NACSの安田顕)や、なぜか嘉郎のことを見つめている黒づくめの男(ネガティブモデルの栗原類)ら、怪しげな人物が続々登場。どうやら嘉郎と輝さん以外にもエスパーはいるようなのだが、輝さんに関してはエロいことにしか活用できない始末。こんな塩梅で嘉郎たちが、世界の平和を守ることができるのか気になるところだ。またパンチラと言えば、園監督の過去作『愛のむきだし』(08)で満島ひかりが同じ目にあい、その後ブレイクしている。真野、夏帆も満島に続けば、園監督の“パンチラ伝説”も立証されるかもしれない。

実はこのドラマ、園監督と共に、『SR サイタマノラッパー』シリーズの入江悠、『くそガキの告白』(12)の鈴木太一、『携帯彼氏+』(12)の月川翔が交代でメガホンを執る。続く入江監督のツイッターには“2話・3話では早くもパンチラと勃起がインフレ化”というつぶやきも。映画界の鬼才と若手の才能が融合する贅沢なTVドラマはパンチラもあるしで、今後も目が離せない!【トライワークス】