ダイハツ、「ムーヴ」の福祉車両に衝突回避支援システムを採用

写真拡大

ダイハツ工業は16日、福祉車両「フレンドシップシリーズ」の「ムーヴ フロントシートリフト」をマイナーチェンジして発売した。価格は131万円から148万3,000円。

今回の改良では、軽福祉車で初めてという衝突回避支援システム「スマートアシスト」を採用。また、シートリフト機構を、従来の「回転>スライド>下降」から「回転>傾斜スライド下降」へ一新して、昇降時の頭上高を約50mm拡大、昇降時間を約10秒短縮している。

そのほか、助手席アームレストの高さを従来よりも約80mm低くすることで、快適性の向上が図られた。価格も見直されており、入り口価格で従来よりも約6万円の値下げをすることで、手頃な価格設定としている。