東京都西新宿に、”すた丼”のアントワークスがステーキ店をオープン!

写真拡大

アントワークスは「本格高級ステーキを気軽に、リーズナブルに」をコンセプトとする新業態のステーキ店、「アメリカンステーキハウス デンバープレミアム 西新宿店」を5月9日にオープンする。

同社は「伝説のすた丼屋」、「名物すた丼の店」を経営している。このほど新業態の店として、ステーキ店をオープン。メニューを絞り込むことで作業効率を高め、サーロインステーキ150g(ライス・スープ付)を1,000円を切る低価格で提供する。

ステーキに使用する牛肉は、肉質に優れ高品質な“ブラックアンガス種”に限定。日本でもなじみのある部位“サーロイン”と、柔らかくうま味の深い高級部位“リブロース”の2種類を用意する。ビーフステーキはそれぞれ150g・300g・450gと3つのボリュームから選べる。

グランドメニューは、サーロイン・リブロースのステーキと、トンテキをアントワークス流にアレンジしたポークステーキ(300g)の3種類。同店のグランドオープンは5月9日の11時。営業時間は、11時〜23時。