日産、新型軽自動車「DAYZ」がベースの福祉車両2タイプの設定を発表

写真拡大

日産自動車とオーテックジャパンは、6月に発売を予定しているハイトワゴンタイプの新型軽自動車「DAYZ」(デイズ)をベースとした、ライフケアビークル(福祉車両)の設定を発表した。

DAYZライフケビークルのラインナップは、昇降シート車「DAYZ アンシャンテ 助手席スライドアップシート」と、回転シート車「DAYZ アンシャンテ 助手席回転シート」の2タイプ。発売は、昇降シート車が6月から、回転シート車7月からとなっている。

昇降シート車は、助手席が車両の外側に電動で回転・昇降することで、車への乗り降りが容易にできる車両。回転シート車は、簡単な手動操作で助手席を車両の外側に回転することで、車への乗り降りが容易にできる車両とのこと。