夫からのプレゼントが好みじゃない時、ハッキリ伝える派は約2割

写真拡大

夫が誕生日に高級ブランドのネックレスを買ってきてくれた。でもゴールドでかなりの存在感。私はシルバーのシンプルなものが好きなのに……。予想とは違うプレゼントを夫から渡されたとき、妻はどういう反応で返すのだろう。マイナビニュース会員のうち既婚女性200名に、夫から気に入らないプレゼントをもらったときの対処法を尋ねた。

>>男性編も見るQ.夫からもらったプレゼントが気に入らなかった場合、どうしていますか?



1位 仕方なく使う 39.0%

2位 もらってはおくが、使わない 27.5%

3位 はっきりと好みに合わないと伝える 18.5%







■「仕方なく使う」理由

・「気持ちのこもったものなので、絶対使います」(28歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「気に入る気に入らないではなくて、夫が私にくれたという気持ちが大切だと思うから、夫の気持ちに応えたい」(30歳女性/医薬品・化粧品/営業職)

・「自分のためを思ってプレゼントしてくれたものだから」(30歳女性/その他/その他)

・「傷つけたくないから」(24歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「せっかく買ってくれたものだし、使わないと悪いから」(30歳女性/情報・IT/事務系専門職)

・「一応礼儀として使う……使ううちに愛着がわくかもしれないから」(34歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「相手の気持ちを尊重したいし、次からもらえなくなるかもしれないから」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■「もらうが使わない」理由

・「気持ちはとてもうれしいのですが、自分に合わないものならば多分使わずに飾っておきそうな気がします」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「捨ててしまうのは忍びないし、時間がたてば自分の好みも変わるかもしれないから」(34歳女性/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「服やかばんなど身につけるものが多いので、使いづらかったりするとなかなか……」(33歳女性/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「いやいや使うと表情に出てしまうから」(34歳女性/情報・IT/クリエイティブ職)

・「気に入らないものを身につけたくない」(28歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「はっきりいらないといえば相手もムッとするので、不必要なことは言わない」(37歳女性/その他/その他)





■「はっきり伝える」理由

・「次から参考にしてもらうため」(33歳女性/ソフトウェア/技術職)

・「正直に伝えたほうが次に期待できる」(25歳女性/ソフトウェア/事務系専門職)

・「自分の好みを把握してほしいから」(39歳女性/その他/その他)

・「下手に喜んで、また同じようなものをプレゼントされても困る」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「同じお金を使ってくれるなら必要なものを欲しいから」(29歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)





■総評

1位は、同様の男性編アンケートと同じく「仕方なく使う」だったが、その割合は女性の方が低かった。その理由としては、「せっかくもらったものだから悪い」「夫を傷つけたくない」「使っているうちに好きになるかも」「気持ちが大事」というやさしい回答が並んだが、中には「次もらえなくなるかも」という計算からそうしているという声もあった。男性ほど、女性は相手に対して気を遣っていないようだ。

2位の「もらってはおくが、使わない」は、「正直に言えば相手も気を悪くするから配慮で」という声が多かった。また、「イヤイヤ使って顔に出るより使わない」というごもっともな意見も。きっぱり「気に入らないものは身につけたくない」という人もかなり多く、ファッション関連でその傾向が強かった。

夫婦になってしまうと、「本当に欲しいものが欲しい!」と、少しずつ遠慮がなくなってくるのが現実かもしれない。

(文・アリウープ 中嶋絵里)

調査時期: 2012年12月28日〜2013年1月12日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 女性200名

調査方法: インターネットログイン式アンケート