スターバックスの新作はティラミス風の食べる「フラペチーノ」

写真拡大

4月17日に「スターバックス」が発売する新「フラペチーノ」がスゴイ。ティラミスをイメージした「コーヒー ティラミス フラペチーノ」と「ホワイト ティラミス フラペチーノ」(共に、Tall590円、Grande630円、Venti670円・Short550円は要望に応じて提供可)だ。

2品とも、飲む……というよりは”食べる”に近いデザート感覚のフラペチーノ。まず「コーヒー ティラミス フラペチーノ」は、ほろ苦いコーヒー風味のフラペチーノがベース。ここに、細かく砕いたホワイトチョコレートブラウニーとブラックビスケットといった焼き菓子を重ね、チーズムースクリームとココアパウダーをトッピングしている。砕いた生地も一緒に吸えるように、専用のワイドストローを用意。フラペチーノ、ブラウニー&ビスケット、チーズムースクリームから生まれる三位一体の味わいが楽しめるというわけだ。

見た瞬間、「結構濃そう……」という印象だったが、コーヒー フラペチーノがベースなので意外にさっぱり。チーズムースクリームは、チーズケーキのようにチーズ感が強いわけではなく程よいコクを与えてくれ、ブラウニーやビスケットは食感のアクセントとなっている。全体のバランスが非常によく、飲み飽きない。ブラウニーのしっとりさ、ビスケットのカリカリ感がいつまで経っても損なわれないことにも驚いた。

一方、白っぽい見た目の「ホワイト ティラミス フラペチーノ」は、バニラ クリーム フラペチーノ(ミルクとバニラシロップ、氷をブレンド)のバニラシロップの代わりにキャラメルシロップを加えたものがベース。その上に、コーヒー ティラミス フラペチーノ同様、2種類の生地とチーズムースクリームをのせ、最後にキャラメルソースをかけている。

飲んでみての印象は、まさしくキャラメルチーズケーキ! ホントに飲むデザートだ。同商品にはコーヒーが入っていないため、2商品を比較するとこちらのほうが甘みがやや強く感じ、よりデザート感が強い印象を受けた。

オススメの飲み方としては、ストローでぐるぐると混ぜてから飲む方法。見た目がかわいいのでちょっと躊躇してしまうが、そのほうが組み合わせの妙を楽しめる。

濃厚すぎず、甘すぎず。試飲の場では、男性からも「これはイケる! 」と大好評だった両商品。6月4日までの期間限定商品なので、早めにスターバックス店舗に行って味わおう。