ブレイク・ライブリー

写真拡大

『ゴシップガール』でセリーナを演じたブレイク・ライブリーが、元共演者たちをやきもきさせていると米スター誌が報じた。

この"やきもき"の発端は、『ゴシップガール』の映画化構想だという。最近のTVドラマシリーズの映画化ブームに、『ゴシップガール』も例外ではなく、映画版製作の話が持ち上がっているというのだ。ところがセリーナを演じたブレイクは、本作の映画版の主演に気乗りしていないというのだ。

関係者によれば、他のキャストが映画化に前向きなのに対し、「(ブレイクは)映画化は良いアイデアでなく、できる限り避けたいと考えているようです」とのこと。

6シーズン続いた本作で、セリーナ役をやりきった、と感じているブレイクの気持ちも分からないではない。今後、ブレイクが映画女優として活躍していくために、一つのキャラクターのイメージにとらわれたくないというのも本音だろう。しかし、長年一緒に働いた仲間たちに「申し訳ない」と胸を痛めているのも事実のようだ。

「(番組終了後)次の仕事を探している元キャストがいるのを、ブレイクは知っていますからね。だから、皆にはどうか理解してほしいと話しているみたいです」(関係者)

ストーリー的にも、興行的にもブレイクの存在抜きには進まない『ゴシップガール』の映画化構想。ブレイクの首が縦に振られる日は来るのだろうか!?

『ゴシップガール』 シーズン5は、スーパー!ドラマTVにて、2013年4月18日(木)より日本初放送がスタートする。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
"西武渋谷店×OPENING CEREMONY×ゴシップガール"のファッション&パネル展開催中!
女優休業中のブレイク・ライブリーがハマっていることとは!?
ブレイク・ライブリーは、あの共演者の結婚式に出席する!?