ロマコメに出演するレイチェル・マクアダムス写真:Photoshot/アフロ

写真拡大

レイチェル・マクアダムスが、キャメロン・クロウ監督・脚本の新作に出演交渉中であることがわかった。

ブラッドリー・クーパーとエマ・ストーンの出演がすでに決定しているロマンティック・コメディで、大物プロデューサーのスコット・ルーディンが製作を手がける。米Deadlineによれば、タイトルや脚本の詳細は明らかになっていないが、クロウ監督の「ザ・エージェント」(1996)、「あの頃ペニー・レインと」(2000)に似たトーンの作品になるようだ。マクアダムスはクーパーの元恋人役をオファーされているという。10月クランクインの予定。

マクアダムスは、ベン・アフレックと共演したテレンス・マリック監督の新作「To the Wonder(原題)」が4月12日から米限定公開された。ほかに、リチャード・カーティス監督の新作ロマンティック・コメディ「About Time(原題)」に出演しており、こちらは11月8日に全米公開される。

■関連記事
ブラッドリー・クーパー、キャメロン・クロウ監督作でエマ・ストーンと共演
「ラブ・アクチュアリー」監督の新作にレイチェル・マクアダムス
レイチェル・マクアダムス&ノオミ・ラパス、デ・パルマ監督作で共演
【特集】マル秘 セレブのすっぴん画像