美しく割れた腹筋に! 腹直筋を鍛えるクランチ - 間違った筋トレを正す!

写真拡大

整体師の大山奏です。引き締まった身体といえば腹筋。特に腹筋が6つに割れていると、身体への自信にもつながりやすいですよね。腹筋は回復の早い筋肉のひとつなので、基本的には毎日トレーニングをしても問題のない珍しい筋肉です(もちろん限度があります)。

今回は腹直筋を鍛えるクランチを紹介します。この機会に正しいクランチの方法を身につけて、硬くて割れたおなかを目指しましょう!

最初の姿勢は、床に寝転んで脚と膝を90度に曲げた状態です。ここから背骨をひとつずつ床から離していくイメージで、ゆっくりと身体を持ち上げていきます。

身体を持ち上げる時の注意点のひとつは、顔の向きです。顔が上を向いていると首など必要のないところに力がかかってしまいます。首はおなかを見るようにしましょう。

もうひとつNGな例でありがちなのは、頭の後ろで手を組んで、腕の力も使って起き上がることです。これでは腹筋は鍛えられません。首にも負担がかかるので気をつけてください。

基本的に筋トレはひとつずつの動きをゆっくりと行い、効かせたい筋肉を意識することが大切です。クランチの場合の腕の位置は3種類あります。

1:身体の横に伸ばす

2:写真のように胸の前でクロスする

3:頭に添える(添えるだけで手を組んではいけません)



1が一番楽で、3が一番力がいります。身体の勢いを使わなくてもできるか考えながら、腕の位置を調整してみてください。3でも楽にできるようになった場合は、身体を持ち上げた状態で10秒キープや、身体を床につけ切らないなどの方法で強度をあげてみるといいでしょう。