【お金】ピカソ=金持ち、ゴッホ=貧乏のナゼ? 大画家ピカソに学ぶ、すぐれた″お金との付き合い方″

写真拡大

死後に作品の価値を認められたものの、生前は貧乏だった……という芸術家は多い。例えばゴッホは、存命中には1枚しか絵が売れず、弟・テオの援助を受けながら創作活動に打ち込んでいたという。
一方、同じく大画家であるピカソは、生前から画家として名声を得て、経済的に豊かな生活を送っていた。彼の遺産は、7万点もの作品に住居、現金などを加えると、日本円にして7500億にも上り、生きているうちに最も経済的に潤った画家と言える。ピカソとゴッホは何が違ったのだろうか?

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

「ピカソは新しい絵を仕上げると、数十人の画商を呼んで展覧会を開き、作品の背景や意図を解説したと言われています。理由はふたつ。ひとつは、人が作品という『モノ』を買うのではなく、そこにある『物語』にお金を払うものだと知っていたから。もうひとつは、画商が一堂に会すと競争原理が働き、作品の価格が上がるためです。ピカソは画家として才能があっただけではなく、自分の価値をお金に変える方法も心得ていたのです。それは、『お金とは何か』に興味を抱き、深く熟知していたからではないでしょうか」

そう分析するのは、『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』(ダイアモンド社)の著者で、複数の事業・会社の経営やコンサルティングを行う山口揚平さん。まずは本書から、ピカソのエピソードを紹介しよう。

■ワインのラベルを無料で描いたワケ

ピカソが1973年に「シャトー=ムートン=ロートシルト」という有名シャトーの高級ワインのラベルをデザインした際、その報酬は現金ではなくワインで支払われたという。それはなぜか。自分のラベルによって価格が高騰したワインを受け取れば、飲むにせよ転売するにせよ、ピカソは得をする。シャトーのほうも、高額な報酬を一括で払う必要がない、というメリットがある。要するに、両者は信頼関係という土台があれば、お金を介さなくとも双方の価値を交換することができると知っていたのだ。

■30秒で描いた絵に100万円の値をつけた理由とは?

レストランのウエイターに絵を描くよう頼まれた40歳のピカソは、ナプキンにさらさらと筆を走らせ、「お代は100万円です」と言ってのけた。そのときの会話はこうだ。

「わずか30秒で描いた絵が100万円ですか!?」
「いいえ、この絵は30秒で描かれたものではありません。40年と30秒かけて描いたものです」

ピカソはジョークめかして、「30秒で描かれた絵」という目に見える結果だけを評価するのではなく、その価値を生むことになった才能や長年の努力、培ってきた信用に目を向けるよう、ウエイターを諭したのではないか――本書の中で、山口さんはそう分析し、「お金とは、長い期間を費やして創造された価値に対する結果である」と述べている。

『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』は、前述したようなピカソの振る舞いから、お金の本質とは何か、どう捉え、どう付き合っていくべきなのかを、多方面から浮き彫りにする1冊だ。ここでは、著者の山口さんに「お金を生み出す“価値”を創造する方法」と「幸せに生きるために、お金をどう使うべきか」の2点に焦点を絞って話を伺った。

■価値を創造するためには、他人に尽くすべし

お金を得るためには、何らかの“価値”を差し出す必要がある。ピカソの場合は絵だが、誰しも彼のように類まれな才能を持っているわけではない。平凡な人間が、それでも価値を生み出すためには、どうすればいいのだろうか。山口さんが勧めるのは「他人にコミットし、貢献すること」だ。

「上司、クライアント、友人……誰でもいいので、具体的に相手を決め、徹底的に尽くしましょう。相手が上司であれば、出世・成功できるように貢献する。最初のうちは、お金という目に見える結果にはつながらないかもしれません。しかし、少しずつ信用が生まれ、社会的評価にもつながっていきます」

そうして他人に尽くすうちに、自分の“使命(ミッション)”に気づくことができるのだとか。それを突き詰めることが価値につながり、お金へと変わるのだという。

「一言に使命と言っても、人によってさまざま。場合によっては、明確な言葉では表せないものかもしれません。しかし、その曖昧さも含めて、『自分のミッションは、これだ』と感知する瞬間が必ずやってきます。ポイントは「使命を探そう!」と躍起にならないこと。使命とは、私欲を削って他人に尽くし、ニュートラルな存在として振る舞うことで、自然と“授かる”ことができるものなのです。まずは目の前の仕事を、粛々とこなしていきましょう」

とは言え、人間は欲を持つ生き物。意識だけで欲望をコントロールするのは、なかなか難しい。そこで重要になるのが、お金の使い方だ。

■お金は“流す”ことを意識しよう

私欲をコントロールするためには、“消費”という行動から距離を置く、という意識を持ちたい。これは、やみくもにお金を貯めることを意味するのではない。重要なのは、何に使うかだ。山口さんはまず、暮らしのレベルを落とし、生活費を極限まで削減するべきだと話す。

「僕は20代の頃、徹底的に衣食住にかかるコストを削っていました。平均よりも高い給与をもらっていましたが、家賃3万円のアパートに暮らしていたんです。浮いたお金を何に使うのかというと、自己投資と貯金。給与の2割で生活し、残りを自己投資と貯金に振り分ける、という割合でした」

自己投資には、勉強のための書籍購入などはもちろん、飲み会など人脈形成・維持に使うお金も含まれる。他人への貢献に自己投資をプラスすることで、先に述べた価値の創造が強化されるのだそう。

「また、自分の利益に直結しないことにお金を“流す”のも重要です。投資や福祉、還元にお金を使うということ。具体的には、農家の畑を1坪だけ買って支援する取り組みに参加したり、友だちの興したプロジェクトに投資するなど、“つながり”のある場へとお金を流すといいですね」

山口さんが提唱するのは「円から縁へ」という考え方。これまではマネーという指標が絶対視されていたが、これからの時代は縁を持っていることのほうが重要になってくるのだという。
お金を流す習慣をつけることには、さらにこんなメリットもある。

「例えば寄付をするにしても、役に立ちたいからなのか、つながりを求めたいからなのか、人によって理由は違いますよね。お金を流すことで、自分が本当は何を求めているかが見えてくる――これが流すことの価値です。また、見返りを求めずに流すという行為は、『返ってこなくても大丈夫』と思える自分が確立されることを意味します。物質的に持っているものをなくしても平気でいられるようになることは、生きていく上で自信につながる。つまり、生物的な意味で、非常に強くなれるのです」

お金というと、支払うことで対価が得られる、つまり“ギブアンドテイク”なものだと捉えがち。山口さんは、こうした考え方を「きっぱりと止めましょう」と断言。自分の利益だけを考え、お金を手元に集めたり、欲望のために費やすのではなく、他人やつながりへと流していく。「円から縁へ」を意識した振る舞いを続けることで、自分にとってのお金の意味合いは確実に変わるだろう。すると次第に、お金や欲望という呪縛から放たれ、新しい生き方が見えてくるはず。お金のあるなしに幸福度を左右されない人生にするために、まずは生活を見直し、つながりへと流す習慣をつけてみては?


山口揚平(やまぐちようへい)
早稲田大学政治経済学部卒業後、1999年より大手コンサルティング会社でM&Aに従事し、カネボウやダイエーなどの企業再生に携わる。その後、独立・起業後し、企業の実態を可視化するサイト「シェアーズ」を運営。2010年に同事業を売却後、12年に買い戻した。現在は、コンサルティングなど複数の事業・会社を経営。また、執筆・講演も行なっている。著書に『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』(アスキー・メディアワークス)、『なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?』(ダイアモンド社)など。

こちらのレポートもどうぞ!
まさかコンビニATMで手数料とられてない? 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10646 ]
「いつまでも返済が終わらない!」惨事になる前に。FPが教えるクレジットカード・リボ払いの落とし穴 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10394 ]
「お金」にとらわれない人生を送りたい人のための、シンプル資産運用法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10147 ]
節約できる人とできない人の違いは? 将来困らないためにお金を貯める3つの習慣 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/9934 ]
自然とお金が貯まる! 経済評論家・山崎元が教える、爽やかにお金と付き合う方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10146 ]