(公社)インテリア産業協会は、インテリアコーディネーター(IC)資格試験の一次試験について、平成26年度実施分から、これまで実施してきた「インテリア商品と販売の基礎知識」と「インテリア計画と技術の基礎知識」の2科目を「学科試験」として1科目に統一すると発表した。
「インテリア商品と販売の基礎知識」と「インテリア計画と技術の基礎知識」は、本来密接な関係にあり、総合的に出題する必要性が高まってきたため。試験内容については、実質的に内容が大きく変わることはない。解答方式もマークシートによる択一式で変更はない。二次試験(論文・プレゼンテーション)は従来どおり。
また試験方法の変更により、「インテリアコーディネーター(IC)ハンドブック」についても、平成25年11月を目処に総合改訂版を発行する。
この他、これまでICおよびKS資格試験を行ってきた宮崎試験会場については、平成25年度より廃止となる。資格試験の会場となるのは、札幌、盛岡、仙台、高崎、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄の12会場。