創立50周年を迎えた円谷プロ、2013年の柱となる3大コンテンツとは? - 事業説明会の発表内容まとめ

写真拡大

「ウルトラ」シリーズなどをはじめとした数々の特撮作品を生み出し、日本の特撮界をリードする円谷プロダクションが4月12日に創立50周年を迎え、東京・渋谷のアイアシアタートウキョウにて2013年度の事業展内容を説明する「円谷プロ50周年事業展開説明会」を開催した。

始めに同社代表取締役社長・大岡新一氏が「いまから50年前の4月12日、円谷英二が、特撮技術の研究と発展を目的として創立した円谷プロダクション。多くのファンの皆さまに愛され、節目の年となる今年、50周年を迎えることができたことに感謝をいたします。”明日の力へ” をスローガンに社員一同が一丸となって日々の業務に邁進していきます」とあいさつし、円谷プロの50周年を祝福。そしてここから、2013年度の事業展内容が続々と発表されていった。

まず、1966年に放送された円谷プロダクション初期の作品『ウルトラQ』の完全新作として今年1月に放送された『ネオ・ウルトラQ』が5月2日にWOWOWにて、全12話を一挙放送。翌5月3日〜6日の4日間(各日9:00〜12:00)には、同じくWOWOWで1966年に放送された『ウルトラQ』をデジタル技術でカラー化した『総天然色ウルトラQ』の放送、そして、毎年夏に池袋サンシャインシティでの開催が恒例となっている「ウルトラマンフェスティバル2013」の開催が発表された。

直近の放送やイベント情報に続いて、円谷プロの2013年の柱となる3つの事業を大岡氏より発表された。柱の1つ目として明かされたのは、1966年7月に放送された『ウルトラマン』のBlu-ryBOX『HD Remaster 2.0 ウルトラマン』(全3巻)の発売。本作は、14年前にDVD-BOXでデジタル・リマスター化して発売されているが、今回のBlu-ray BOX版を製作するにあたりネガを再度コピーし、「テレシネ」と呼ばれるデジタル化技術を採用。その際にオリジナルのネガにあるゴミや汚れなどの補正も行い、ファンも納得の高画質版に仕上がっているという。2013年7月10日にBOX I、10月25日にBOX II、2014年1月29日にBOX IIIという日程で発売され、価格は各巻18,900円を予定。

2つ目の柱は『ウルトラ』シリーズとは切っても切れない深い繋がりのあるバンダイナムコグループのバンダイカード事業部・高橋誠氏から『ウルトラマン』を題材としたカードトレーディングゲームの新作『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』が発表された。これは、バンダイが手がけるデータカードダス初の4人同時プレイが可能となっているほか、筐体には55インチの大型モニターを搭載しており、TVアニメ『キングダム』を手がける神谷純監督や『ウルトラマンメビウス』を始めとした多くの特撮・アニメで脚本やシリーズ構成を手がける赤星政尚らの豪華スタッフによる映像を楽しむことができるという。稼働開始時期は、2013年秋を予定している。

そして、2013年3本の柱の最後として発表されたには『ウルトラマン』シリーズの新ヒーロー『ウルトラマンギンガ』。同社創立50周年の節目の作品となる『ウルトラマンギンガ』は、現在、テレビ東京系で一昨年の7月より放送中の『ウルトラマン列伝』が、今年の7月に装いも新たに『新ウルトラマン列伝』へのリニューアルされ、この番組の中での放送を予定。久々に30分枠で制作される『ウルトラマン』シリーズとなり、『ウルトラマン列伝』内で放送中の3分枠『ウルトラゼロファイト』の監督して活躍するアベユーイチほか、原口智生、梶研吾、石井良和の4人が監督を務めるという。

壇上に登場したアベ監督は、「私の『ウルトラマン』シリーズの原体験は、『ウルトラマン』と『ウルトラセブン』の再放送に始まり、その後、ジャズと軽快なトークのウルトラファイトをリアルタイムを見ていました。その後『帰ってきたウルトラマン』を見て育ちました」と『ウルトラマン』との出会いを振り返りつつ、「今回、3分間の『ウルトラゼロファイト』から30分の新作『ウルトラマンギンガ』で監督を務めさせていただくのは、そういった流れをまるで踏まえているかのように感じています。約10倍の30分ということで、頑張らねばならんと思っております」と新作への決意を明かしていた。