東京都・銀座に、オーストリア王室御用達のスイーツブランドのカフェが登場

写真拡大

東京・銀座の西5番街通りの「銀座ショコラストリート」に5月1日、オーストリア王室の御用達スイーツブランド「ゲルストナー(Gerstner)」のカフェがオープンする。

1847年に創業した同ブランドは、中世から20世紀にかけてヨーロッパで隆盛を極めたハプスブルク家の象徴、エリザベート皇妃(通称シシィ)に愛されたスイーツショップ。今回日本初上陸となる同店では、本場ウィーンのクラシックとともに、ショコラドリンクやスイーツなどを楽しむことができる。

同店では、どの場所からでも音楽を楽しめるよう、席の配置、スピーカーの位置が決められている。また、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートの音源をウィーン本国から取り寄せるなど、店内で音楽を楽しむための工夫がされているという。

カフェメニューでは、シシィやヨーゼフ1世といった、ウィーンに関係の深い貴族の名前からイメージした、日本オリジナル「アインシュペナー」シリーズを展開。

アインシュペナーは、ウィーンで親しまれている生クリームをのせたコーヒーで、同シリーズでは生クリームのほか、キャラメルやアーモンド、スミレの砂糖漬けといったトッピングを加えている。

また、自分の好きなトッピングをオーダーすることも可能で、同メニューのほか、スイーツや軽食などもラインアップするという。

銀座ショコラストリートは、世界の高級チョコレート店が立ち並ぶ通り。フランス・プロヴァンス「ジョエルデュラン」、アルボア「イルサンジェー」や、ベルギー・ブリュッセル「ピエールマルコリーニ」、イタリア・アルマーニ「アルマーニドルチ」など、4つのブランドが店を構えており、今回の「ゲルストナー」は5店舗目となる。