glee

写真拡大

『glee』シーズン4の最終話で、ベテラン女優のパティ・デュークとメレディス・バクスターが、レズビアンのカップル役として登場するニュースは先にお伝えしたとおり。どうやら二人はこのシーズンフィナーレの重要なシーンで、大きな役割を担うようだ。

【関連写真】 『glee』小道具係ポールが裏話を紹介! ポールの小部屋

(以下、ネタばれが含まれます)

別れたり復縁したりと、シーズン4では波乱万丈なブレイン(ダレン・クリス)とカート(クリス・コルファー)。米E!によると、ブレインはついにカートにプロポーズをしようと決め、指輪を買おうとジュエリーショップに入る。そこで接客してくれた店員がパティ演じる新キャラなのだとか。パティはカートに対するブレインの愛の深さを知り、メレディス演じる長年のガールフレンドと共に、同性婚は新しい世代にとってすばらしい機会だということを、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を取った略語)の人々がたどった過去を振り返りながら教え解くのだという。

E!によると、この筋書きは、先月末から米最高裁で始まった同性婚訴訟の審理に着想を得ているそうだ。関係者いわく、話題性があって、美しいストーリーになるのだとか。オンエアが楽しみだ。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『glee』にベテラン女優が演じるレズビアンのカップルが登場!
『glee』キャストのサイン入りボックスティッシュがチャリティーオークションで総額1万ドル以上に!
『glee』キャストが続々と『Glee プロジェクト』のメンターに!