もはや彫刻?『GANTZ 玄野計 1/5スケール』フィギュアが発売に

写真拡大

株式会社謙信のハイクオリティ・塗装済み完成品フィギュアシリーズから、『GANTZ 玄野計 1/5スケール』が発売される。

【関連:史上最高額52万5千円のウルトラマンフィギュア発売】
 
『GANTZ』は、集英社発行の週刊ヤングジャンプで連載されている奥浩哉による人気漫画。
2011年には嵐の二宮和也主演で実写映画化され、全2作品とも大ヒットを記録している。

本商品では、その『GANZT』の主人公・玄野計のソードを振り斬った瞬間の動きを再現。原作者の奥浩哉氏も制作に参加し、1年の時間をかけ徹底的にこだわり抜いて制作されている。
そのため、人体バランスを的確に捉えきった力強い動きは、もはやフィギュア以上に、『彫像』といっても良い程のクオリティ。
奥浩哉氏も本商品について「まるで僕の絵がそのまま飛び出してきたかのよう」とコメントを寄せている。

『GANTZ 玄野計 1/5スケール』は全高約70センチ。製品価格:52,500円(税込)。発売は2013年6月が予定されている。初回限定生産は50体。ベースにNo.1から50のシリアルナンバープレートが付属される。

http://www.art-of-war.co.jp/items/detail.php?gid=508

写真1写真2写真3写真4

(C)奥浩哉/集英社