トヨタ、商用車「ダイナ」「トヨエース」の2t積系を一部改良して発売

写真拡大

トヨタ自動車は15日、商用車「ダイナ」ならびに「トヨエース」の2t積系を一部改良して、5月6日に発売すると発表した。価格は、カーゴ(2.0t積 / ディーゼル)が356万9,000円、カーゴ(2.0t積 / ディーゼルハイブリッド)が489万3,000円などとなっている。

今回の一部改良では、軽い操作力で制動可能な電動パーキングブレーキを、停止作業が多い高所作業車や塵芥(じんかい)車の一部車型に標準装備し、カーゴやミキサー車の一部車型にオプション装備。また、ディーゼルハイブリッド車の電動パーキングブレーキ(オプション)装着車は、シフト操作と連動して作動するパーキングブレーキポジション機能付として、より安全性に配慮している。

なお、TECS(メーカー完成特装車)においては、新仕様のウイングルーフや4WD車の建設ダンプを設定するなど、ラインアップを充実させている。建設ダンプ(1.95t積 / ディーゼルハイブリッド)は446万7,000円、ウイングルーフ(2.0t積 / ディーゼルハイブリッド)は579万円。