iQONがユークスと連携 ソーシャルファッションの利用層を拡大

写真拡大

 コーディネート・ソーシャルファッションサイト「iQON(アイコン)」を運営するVASILY(ヴァシリー)が、オンラインストア「yoox. com(ユークス・ドットコム)」を展開するYOOX Groupとの連携を発表した。ユーザーが商品を選んでコーディネートを作成する既存のサービスに、「yoox. com」内で扱われている20代〜30代女性向けの高感度な海外ブランド商品が加わる。

ユークスとiQONが連携の画像を拡大

 「iQON」は、通販サイトで販売されているファッションアイテムの画像を使ってコーディネートを作成し、ウェブ上で共有するソーシャルファッションサイト。2012年7月にはスタートトゥデイが運営する日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」と連携し、同サイトで販売されている約6万点の商品を加えるなど提供サービスの幅を広げている。今回「yoox. com」と連携し「GUCCI(グッチ)」や「Chloé(クロエ)」、「PRADA(プラダ)」等の著名メゾンからデザイナーズまで海外ブランドの商品を充実させることで、20代前半が中心の既存ユーザーに加えて「20代後半〜40代の女性を取り込み、ユーザーの年齢層を広げたい」(VASILY広報担当者)という。今後は利用可能な商品点数を拡大するとともに、両社の強みを生かしたサービス間の連携が予定されている。

■iQON:http://www.iqon.jp/

【インタビュー】「SNSはある意味究極体」 iQON創業者 金山裕樹