『HK/変態仮面』初日舞台挨拶、パンツを被った変質者が多数出現の異常事態

映画『HK/変態仮面』が、4月13日(土)全国公開初日を迎え、舞台挨拶を行った。

本作は、1992年〜1993年にかけて600万部以上の発行部数を誇った「週刊少年ジャンプ」で連載された『究極!!変態仮面』の実写映画化作品。

【関連:『HK/変態仮面』鈴木、台湾にフォォォオ降臨!!現地ファンから「私のパンツをあげる!」←本当】
 
主役の“変態仮面”は、脚本協力で参加する小栗旬大推薦のもと鈴木亮平が。ヒロインは、「仮面ライダー フォーゼ」のヒロイン役で大注目の清水富美加が演じている。

初日舞台挨拶では、鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、安田顕、福田雄一監督、あんど慶周(原作者)が登壇。
キャストと福田監督、あんど慶周先生からまず一言ずつ挨拶があった。

その後、作品への思い、撮影の様子などが語られ、台湾、香港での公開が決定し10近くの映画祭からオファーが殺到していることも紹介された。

監督の軽快なトーク、ムロツヨシさんの絶妙なツッコミ、安田顕さんのギリギリの発言が相次いで繰り出され、会場は大爆笑の連続。

主演の鈴木亮平さんにはサプライズで福田監督から鈴木さんの体を3Dスキャンしたフィギュアが、あんど先生からは直筆の似顔絵がプレゼントされ、鈴木さんは感動したと大喜び。その後、大ヒット満員御礼として、登壇者全員が客席に出向き “おひねりパンティ”を配った。

最後のフォトセッションでは早速そのパンティを被った変態仮面が続々と劇場内に出現、鈴木さんが変態仮面ポーズをとるなど場内のボルテージは最高潮に達し、大盛況のうちに幕を閉じた。

 
――登壇者コメント
福田監督: 自分ではめちゃ面白いと思っていますが、申し訳ないという気持ちも。どんな人が見てくれるのかとものすごく不安だった。女性の方もたくさんいらっしゃいますね。今までで一番嬉しいかもしれない。舞台挨拶にこんなにしどろもどろになるのは初めて。本当にビックリですね。ドッキリじゃないかと。本当にありがとうございます。

鈴木亮平さん: 『HK/変態仮面』が完成して初日舞台挨拶に立っているのが信じられないくらいです。会場にもザッと見渡すと6人の変態仮面がいますね(笑)。20年くらい前のマンガが現代に蘇ったと思うと感慨深いものがあります。体作りのためにいつも鶏肉を食べていました。1年で400羽くらい。撮影が終わってからは鶏がダメになり、1度も食べていないです。(体作りのために食事も偏っていたので)友達も減っていきました。
(アジア公開決定について)1年前に福田さんとムロくんと話したときに、僕は世界に通じるものにしたいと言ったんです。福田さんも『俺も完全に同じことを考えている』と。世界に向けて、これがクールジャパンだと言える作品になりました。

清水富美加さん: 男性だけでなくわれらが女子も来てくださってとても嬉しいです。この映画を見て変態仮面をかっこいいと思ってくれたらと思います。(変態仮面の肉体を隣で見ていて)申し訳ないけど、こっちがエクスタシーという感じで。いつ『フォー!』と言ってもおかしくないくらいでした。
ムロツヨシさん: 今日の舞台挨拶きてくださってありがとうございます。

安田顕さん: (安田さんの役は明かされていなかったので衝撃が一番大きかったのでは?)…乳首が取れそ
うなくらい痛かったです…
(安田さんの事務所社長は、「顕ちゃんは変態なのに変態の役が全然来なかった。今回、変態の役が来て本当に良かった」と喜ばれたそうです)
あんど慶周先生: まさかの、奇跡の実写化だと思います。自分が一番びっくりしています。なぜここに立っているのか不思議なくらいです。最初は心配だったけれど、本当にマンガから飛び出したような感じでしたね。真面目にストイックにバカを演じてくれてありがとうございます。

初日舞台挨拶

(C)2013 「HENTAI KAMEN」製作委員会