<FedexCupポイントランキング>
 メジャー緒戦「マスターズ」終了時の最新FedexCupポイントランキングが発表された。劇的な展開で幕を閉じた「マスターズ」の主役2人が共に大きくランキングを上げた。チャンピオンのアダム・スコット(オーストラリア)は、67位から4位へ、アンヘル・カブレラ(アルゼンチン)は、119位から27位へ大きく順位を上げた。
 1位タイガー・ウッズ(米国)、2位ブラント・スネデカー(米国)、3位マット・クーチャー(米国)の上位陣に変動はなかった。
 最終日に7つのバーディを出し、会心のゴルフができた石川遼は、187位から166位へ順位を上げた。
【FedexCupポイントランキング】
1位:タイガー・ウッズ(1,740pt)
2位:ブラント・スネデカー(1,387pt)
3位:マット・クーチャー(1,036pt)
4位: アダム・スコット(870pt)
5位:フィル・ミケルソン(813pt)
6位:ダスティン・ジョンソン(810pt)
7位:スティーブ・ストリールマン(795pt)
8位: ケビン・スティールマン(752pt)
9位:チャールズ・ハウエルIII(744pt)
10位:ハンター・メイハン(692pt)

27位: アンヘル・カブレラ(478pt)
166位:石川遼(57pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
A・スコット、ノーマンの思いも背負って悲願のグリーンジャケット獲得!
A・スコットが長尺パターで初めてマスターズを制した選手に
各ツアー情報も更新中
美人ゴルファーを紹介する今日の美ゴ女更新!
各ツアーの賞金ランキング