リアム・ギャラガー「オレはジャスティン・ビーバーのファンだぜ!」 写真:YouTube

写真拡大

驚くなかれ、あの"毒舌大王"リアム・ギャラガーが、"みんなのアイドル"ジャスティン・ビーバーのファンであると発言したというのだ!

かつてTwitterで、ビーバーを皮肉ったような発言をしていたリアムが彼のファン!? ...と煽ってはみたが、勘のいいファンならお察しだろう、勿論この発言は言葉通りの意味ではなく彼なりの理由があるのだ。

ジャスティン・ビーバーは先日、ロンドンのO2アリーナで開催されたコンサートに2時間も遅刻してしまったのだが、リアムは<Shortlist>の取材を受けた際にその話題を持ち出した。そこでボロクソに非難するかと思いきや、「俺から言わせれば2時間遅刻してくるヤツなんてマトモだと思うぜ」と、まさかの擁護!

・さらに、「いわゆるロックバンドの連中なんざ、バックステージに座ってこう言ってるわけよ。『なあ、あと15分待とうぜ!』『そんなのクソ喰らえだ、2時間15分待つんだよ!』ってな。だから、そんなこたぁ何でもねえんだよ。なあ、だって俺はビリーバー(ビーバーのファン)なんだぜ?」

普通の感覚では、リアムのビーバーへの愛情を理解するのは少々難いかもしれないが、とにかくリアムは大遅刻した彼のことを怒ってもいなければ嫌ってもいない。むしろ、好意的な目で見ているようなのだ。

現在リアムは、フロントマンを務めるビーディ・アイのニュー・アルバム『BE』リリースに向け準備中。そのアルバムの中には犬猿の仲として知られる兄弟、ノエル・ギャラガーのことを歌った「Don't Brother Me」も収録されている。普通は「Don't Bother Me(困らせるな)」と綴るのだが、Bother をBrother(ブラザー)としているところにノエルへの挑戦的なアティチュードが感じられるが...。

YouTube - Liam Gallagher & Beady Eye Reveal Manchester City Home 2011

(参照元: