ネクソン初のクロスプラットフォームMMORPG『三国志を抱く』、クローズドベータテスター枠を1000名追加

写真拡大

オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソンは、韓国のネクソン・コリア・コーポレーションの子会社、NDOORS Corporationが開発したクロスプラットフォーム型シミュレーションMMORPG『三国志を抱く』のクローズドベータテストを4月24日(水)から5月9日(木)の期間実施する。

【関連:ネクソン、『Call of Duty』の元クリエイティブストラテジストBowling氏のゲーム開発会社に戦略的投資を実施】
 
テスト開始に先駆け、3月28日(木)から4月15日(月)の期間で、2,000名のテスター募集を行っているが、申し込み多数のため枠を急遽1,000名追加。合計3,000名を募集している。

『三国志を抱く』は、ウェブブラウザだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、多様なプラットフォームで同一のゲームをプレイすることができる、クロスプラットフォーム型シミュレーション MMORPG。勿論、全プラットフォームでゲームは連動。こうしたサービス形態のゲームを手がけるのはネクソンでは初となる。

ゲーム作品は、三国志演義のストーリーを背景とした本格的な歴史戦略MMORPGとなっており、登場する背景や人物、武器や服飾などの細部まで表現されている。プレイヤーは、三国志に登場する約200名の武将たちを指揮し、各武将固有の戦略(スキル)を通じて戦略的な戦闘を楽しめるターン方式のRPG。

今回実施されるクローズドベータテストでは、iOS版は開発中のためプレイすることができない。対象はPC及びAndroid版のみとなっている。

『三国志を抱く』公式ティザーサイト(http://idaku.nexon.co.jp/

戦略戦闘ミニドラマ戦闘入場画面

Copyright c 2013 NEXON Korea Corporation and NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright c 2013 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.