「マーヴェリックス 波に魅せられた男たち」ポスター画像(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation and Walden Media,LLC. All Rights Reserved.

写真拡大

米カルフォルニア州北部に現れる世界最大級のビッグウェーブ“マーヴェリックス”に挑んだ実在のサーファーを描く「マーヴェリックス 波に魅せられた男たち」の予告編が、このほど公開された。伝説の波に憧れる少年の熱い思いが、サンタクルーズなどで撮影されたという迫力にみちた大波の映像とともに紡がれる。

22歳でこの世を去った天才サーファーのジェイ・モリアリティと、彼に手ほどきをしたベテランサーファーのフロスティ・ヘッソンの逸話を映画化。フロスティ役で主演したジェラルド・バトラー(「300 スリーハンドレッド」)は、製作総指揮も務めた。

予告編では、新鋭ジョニー・ウェストン扮するジェイが、フロスティ(バトラー)に一歩間違えれば命を落としかねないと言われても、「それでもやりたい」と固い決意を告げるシーンが印象的。マーヴェリックスに挑むために必要な技術だけでなく、情熱やスピリットも学び、命がけの挑戦に生きる意味や想像を超える人生を求めていくジェイの姿が、大自然の力を感じさせるビッグウェーブによって引き立てられた。

バトラーとウェストンのほか、ジェイの母親役でエリザベス・シュー、ジェイの幼なじみで、後に妻となるキム役でアビゲイル・スペンサーが共演。カーティス・ハンソン監督(「L.A.コンフィデンシャル」「8 Mile」)とマイケル・アプテッド監督(「ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島」)が、共同でメガホンをとった。

「マーヴェリックス 波に魅せられた男たち」は、6月15日から全国で順次公開。

■関連記事
【動画】「マーヴェリックス 波に魅せられた男たち」予告編
ジェラルド・バトラー「300」スピンオフの出演を辞退
ジェラルド・バトラー、処方薬中毒でリハビリ施設に入所していた
隻腕プロサーファーとの対面にIMALU大感動!
キアヌ・リーブス主演「ハートブルー」がリメイク