先日、早稲田大学で開催された「社会への貢献とリターン追求は両立するのか」という公開セミナーに運営者の一員として参加してきた。講演者はミュージックセキュリティーズの小松社長、鎌倉投信の鎌田社長、Living in Peaceの慎代表の3人。それぞれがユニークな資産運用の機会を提供しており、それら資産運用が同時に社会貢献にもつながっていることが共通している。

資金を調達したい人とお金を運用したい人をつなぐ

 ミュージックセキュリティーズは応援型ファンドを運営している会社で、社名にあるように、もともとは音楽系アーティストが自身のCDを出すに当たっての活動資金、PR資金を獲得するためのファンドとして設立された。

 CDの販売がうまくいってファンドの調達金額を上回る回収資金があれば、ファンドの出資者に対してプラスのリターンを提供できる。近年はその仕組みを様々な方面に応用し、酒蔵など生産者を応援するファンドも運営している。匿名組合の形式を用いて、資金を調達したい人とお金を運用したい人をつなぐプラットフォームを運営していると考えればよい。

 現時点までに200弱のファンドを組成し、70本程度は償還を迎えたそうだが、そのうち回収金額が元本を下回ったファンドは2割弱でしかないとのこと。

 アーティストの場合も、酒蔵の場合も、ファンドの出資者がそのままCDやお酒の購入者となり、そしてクチコミでその良さを広げていってくれて、一人2役、3役をこなしてくれる。

 このように、リターンを引き上げる仕組みがファンドに内在されていることが、元本割れをしないファンドの割合が高いことの理由ではないかと想像される。

 最近では地方自治体と組んだ取り組み、地域金融機関からの案件紹介や連携も発生しているそうで、同社のプラットフォームを通じた投資そのものが社会性を帯びてきている。また、2011年以降は被災地応援ファンドも運営しており、こちらは、ファンド出資者の拠出金の半分は応援金として寄付に使われるということで、投資(出資)と寄付のハイブリッド型となる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)